出会い系で生中出しOKの人妻とガチで出会った話

出会い系で生中出しOKの人妻とガチで出会った話

 
人間って一年中発情期みたいなもんです。
 
でも私の場合、どうも初夏の時期にムラムラする傾向にあるような気がします。
 
今年も夏に盛りがついてしまい、新たなセフレ開拓という偉大なる使命感を持って出会い系サイトをウロウロ。

利用した出会い系サイトはハッピーメール(R18)です。
 
ハピメを久しぶりに覗いてみると…
 
私の住んでいる神戸エリアの女の子の参加は、前に比べてなんだか増えていました。
 
これはぜひともと思い、セフレ探しを開始。
 
私のお目当ての女性は30代後半ぐらいの既婚女性。
それくらいの女がいちばんエロくてヤリ甲斐ありますからね。
 
主婦であれOLであれ、自分の時間を多少なりとも自由に使えるようになってくるその年代に、女って2回目の思春期を迎えるんじゃないか、っていつも思うんです。
 
だから30代後半の女性が好きなんです。
 
後腐れのないセフレ関係に持ち込むには既婚女性をターゲットにするのがイチバン。
そんなヤリ頃の人妻をうまく探し出すことが成功と性交の秘訣。
 
エラそうに言ってますが、単にヤリたいだけですね(笑)
そんな私も今年で41歳。前厄を迎える年齢です。
 
子どもの頃は、40代なんてオッサンのイメージだったんですが、いざ自分がその年になると全然ですね。
ますますヤリチンになるばかりです。
 
年々スケベおやじの度合いが上がってきたようで、最近は若干マニアックな方向にエッチのスタイルが傾いていってます^^
 
そこで今回は、多少アブノーマル方向もアリっぽい香りを醸し出している何人かの女性にアタックしてみる事にしました。
 

出会い系でヒットしたのは性欲を持て余す人妻!

 
私のファーストメールはこちらです。
 

ハッピーメールやり取り

 

「自分は既婚者なんですが、ちょっとドキドキもしてみたいなぁと思って、一緒に楽しく過ごせる女の子を捜しています。
 
もちろん、ご飯に入ったり遊びに行ったりと普通にデートするのも好きなんですが、エッチなことにも好奇心旺盛なので、普段やったことのないようなプレイも一緒に楽しめたらなぁ、なんて思っています(笑)」

 
最初から多少踏み込んだ内容になっていますが、せっかく出会い系サイトでセフレを探している女性。
なので、こちらの好みとか希望もオープンにして手っ取り早く会いたい訳です。
 
向こうにその気がある場合は、案外、抵抗なく返信してくれることが多いんですよね。
とは言え、なかなか思い通りに事が運ばないのが世の常。
 
アプローチした女性のうち何人か返信があったのですが、イマイチお互いの希望が合わなかったりで、「今回は不発かな?」なんて思っていた頃。
 

ハッピーメール返信

 

「返信遅くなってすみません笑
なんか結構エッチな出会い探しておられるんですね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
 
私もいろいろ興味あるほうなので、よかったら一度会ってみましょっか。
お互い相性良さそうならその流れで、みたいなo(^-^)o
 
あ、ちなみに、責められるのも好きだったりします?
男の人が恥ずかしい格好で舐められてるのって興奮してしまうんですよね…
 
平日の昼間とかでも大丈夫です?」

 
来ました!サヨナラ逆転満塁ホームランっ!
 
わかりやすい即ヤリフラグが立ってしまいました(笑)
 
「平日の昼間に会おう」って…なんというイヤラシイ響き。
 
プロフィールを確認すると神戸の38歳の主婦。
探し求めていたセフレ像にピッタリの女性です。
 
その後、メッセージのやり取りをする中でわかってきたのが、旦那とのセックスではイッたことがなく。
昼間こっそりと動画サイトでオナニーしているとのこと。
 
ちょっとSっ気もある書き方もいいですね。
 
「よしよし、オレが何回でも相手するよ」
 
もはや半立ち状態の私でしたが、はやる心を抑えて冷静にやり取りし、会う約束を取り付けました。
 
待ち合わせは3日後の金曜日。
 
私は阪神間にある大手不動産仲介業者に勤務していますが、こういう時って代休のありがたさが身にしみるものです。
 
家族には内緒で平日昼間の休みを作ってしまいました(笑)。
 

神戸周辺

 

いよいよお楽しみの待ち合わせ当日!

 
そして金曜日当日。
 
朝から心はめちゃくちゃ弾んでいるのですが、一応家族には内緒の休みなので、普段と変わらないようなテンションで支度。
 
もちろん普段と変わらずスーツ姿で出発しました。
 
待ち合わせは10時に神戸の阪急花隈駅の東出口付近ということなので、微妙に時間があります。
 
手持無沙汰なので、近くの喫茶店でコーヒーを飲みながら時間を潰してその時を待ちました。
 
いそいそと道を歩く人々はこれから仕事しに行くのに、私はここでセックスする相手との待ち合わせのために時間を潰している…。
 
なんという優雅な時間なんでしょうか(笑)
 
心の準備をして、いよいよ待ち合わせ場所に足を運びます。
 
この瞬間がいつもドキドキなんですよね。
 
これまで、ビジュアル的にさすがに無理、っていう女性に出会ったことはないですが。
それでも万が一のことがありますので、やっぱ誰でも緊張します。
 
しか~し、今回はきっと大丈夫そうな予感がしていました。
 
なぜなら、メッセージのやり取りで彼女のビジュアルを聞いてみたら、
 
「よく言えば太った堀ちえみ、悪く言えば太ったはるな愛」とのこと。
 

堀ちえみ、はるな愛

 
いやいや、私、結構どっちも好きなんですが(笑)。
ただ、気になるのが「太った」というワード。
 
基本的にはどんな相手でもいけるんですが、会ってみないとわかりません。
 
待ち合わせ場所に着くと、ちょうど一人の女性が駅の階段を上がってくるところでした。
直感的に「あ、この人」って思ったその人で正解でした。
 
というのも、その時間その場所にいたのって私たちだけだったんです(笑)。
 
私はカモフラージュのためにスーツで行くって言ってましたし、あまりにもあっけなく顔を合わせることになってしまう展開。
お互いちょっと吹き出してしまいました。
 
それでなにより心配していたビジュアル面、全然キレイです(笑)
ややポチャ手前っていうくらい。
 
デニムのミディアム丈のスカートに上はカットソー。
胸のラインが斜めがけのバッグで強調されて、はっきり言ってエロさ丸出しでした。
 
早速、歩いてすぐのラブホに足早に向かいます。
 

人妻のカラダからはフェロモン出まくり(笑)

 
部屋に入ればもう2人ともすっかりその気に。
立ったまま互いに体のあちこちをチチクリ合ってそのままプレイがスタートしそうな勢い。
 
が、ここで彼女、「一応、シャワー浴びとくね、なんか恥ずかしいし」とのこと。
 
紫のシルキーなランジェリーを見え隠れさせながらバスルームへ入る彼女。
白いムチッとした肌をタイトに包み込む下着がめっちゃエロい!
 
お前、絶対それ俺に見せてるやろ~って突っ込みたくなるくらいエロい状態でバスルームに入っていくので…
 
こっそりと携帯をもってあとをついていってしまうほどでした。
 
だって尻肉に食い込んだパンティのエロさが半端ないんですよ。
 
盗撮ぽい写真を撮ろうかなと試してみましたが、シャッター音に気付かれ、消去される事に(笑)。
 

ラブホで盗撮失敗

 
いよいよベッドイン。
サイトでのやり取りの通り、少しS寄りの淫乱変態人妻でした。
 
しかもキスや全身リップ、手マンなど、ひとしきりのことは楽しんだ上で…
 
推定Eカップのマシュマロバストを見せつけるように寄せ上げて、「パイズリって男の人気持ちいいの?」などと聞いてくる始末。
 
迷わず「じゃあやってみてよ」と答えると、ベッドの上で私を立たせて、股下から挟みあげるようなパイズリが。
 
実際、そこまでは気持ちよくなかったので、「まぁまぁやね」とロザン宇治原のようなリアクションをしていると、いつの間にかチ●ポの先っちょをパクり。
 
そして片手で器用にバストを寄せてチ●ポを包みながら、もう片方の手でタマ袋の底面をサワサワ…。
 
正直、これには鳥肌の立つような快感を覚えました。
 
それを見て彼女。
 
「どうしたの?ピクピクしてるよね?」
 
いい具合のSキャラが出ています。
私はいつの間にかM男クンみたいになっていました。
 
「男の人が恥ずかしい格好で舐められてるのって興奮してしまうんですよね」
 
そういえばやりとり中に言っていましたね。
その3分後、私は四つん這いになっていました(笑)。
 
片手でタマやサオをいじられながら尻を突き上げさせられて、アナルまでベロベロ舐められてヒィヒィ言うてる自分がおりましたです、ハイ。
 
我慢汁やら唾液やらが入り混じって、股間はベッチョベチョ。
 
「めっちゃいやらしい感じ」
 
彼女は嬉しそうに言ってました。
 

もうガマンたまらずガンガン突きまくり!

 
このままでは暴発しかねないような状況になってきたので攻守交代、もうたまらず挿入です。
 
そこで私が耳にした驚きの言葉が…、
 
「私、今日はナマでも大丈夫。いつもはゴムありでお願いしてるけど、会ってみたら大丈夫そうな人だからナマでいいよ。」とのこと。
 
これにはさすがに、やはりいろんなリスクが伴うことですし、かなり迷いました。
 
5秒ほど考えた後、出した答えは、
 
最初ナマ入れ、後でゴム出し
 
ありがちな展開ですが、男はこれで人生を棒に振る事もありますからね。
 
ズリュンと生挿入してガンガン突きまくってしまいました。
彼女の快感が高まるにつれ、膣圧もうなぎのぼり。
 
チンポに快感の波が押し寄せてきそうになるたびに、精子が出ないようにクールダウンを試みました。
 
生挿入で興奮した私は、M男クンキャラで終わるわけにはいかないと思い。
 
挿入しながら電マで彼女のクリトリスを刺激してやりました。
 

電マで彼女のクリトリスを刺激

 
電マの触れ具合や強さなどを次第に上げていくことで、彼女の興奮も右肩上がり。
ものすごい快感におぼれている様子がめっちゃ可愛かったです。
 
そんな表情で「出ちゃうからダメ~」と叫びながら喘ぐ彼女に、おのずと私も発射準備が整ってくるわけです。
 
彼女が「潮を噴きそう」と言いつつ、その日は結局噴きませんでしたが、彼女的にも相当気持ちよかった様子。
お互いに心の底から何もかも出しきったセックスでした。
 

結局生中出しフィニッシュ

 
写真ではわかりづらいですが、結局生中出しという、一番最低で最高なフィニッシュとなりました^^;
 
終わってみれば、私にとっても人妻さんにとっても、めちゃくちゃ肌が合ったようで。
 
それ以来2週間に1回くらいのペースでセックスしています。
 
回を重ねるごとに心も通いあってきて、今では身も心も満たし合う関係になりつつあります。
逆に深入りしないように気をつけねばと思うほど。
 
彼女も主婦としての家事や育児の息抜きにちょうどいいと喜んでいます。
 

ラブホのベッド2

 
長年ハッピーメールを使ってきましたが、こんなエロいセフレを出会い系で見つけられるなんて驚きでした。
 
ちなみにこの人妻さん、生理痛の関係でピルを飲んでいるらしく、病気の心配がないとわかった私には以来ずっと生中出しさせてくれてます。
 
人妻はホント、エロいので狙い目ですよ。
 
人妻が多く利用する→ハッピーメール(R18)