PCMAX(ピシマ)で出会ったムッチリグラマー主婦に精子注入の巻

PCMAX(ピシマ)で出会ったムッチリグラマー主婦に精子注入の巻

 
いつもは家族のために一生懸命の主婦。
しかしいざ自分の時間を持つことができたとなれば、女の一面をのぞかせるもんなんですね。
 
普段の生活の中では妻であったり母であったり、一人の「女」としての素顔を封印しているだけあって、一旦エロスイッチが入ってしまうと、独身の女以上にメス化してしまうのかもしれません。
 
今回は、そんなメス化した人妻とPCMAXで出会った体験談をご紹介しますね。
 

PCMAXで見つけたヤリたいオーラ全開の人妻

それはつい先日のこと。
週末にかけてちょいとムラムラしてきたので、誰かいい女性がいないかとPCMAXをうろついてみました。
 
普段はプロフィールから検索することが多いのですが、今回は気分を変えて掲示板からの検索。
すると目についたのは36歳の主婦(仮名:ノリカさん)の書き込みでした。
 
「家族がしばらく遠出して不在なので、久しぶりに女に戻ってドキドキしてみたいな〜」
 
といった内容。
 
こんなわかりやすいサインをこの私が見逃すはずがありません。
迷わず心に決めました。
 
女にさせてあげようじゃないですか!!
 
ってことで、早速アプローチ。
結構朝の早い時間にやり取りしてるところが、なんかお互い既婚者だなぁって感じですよね(笑)。
 
これが若い子だったら、返信も昼頃になって「メール今気づきました。もうお相手決まりましたよね?」みたいな展開になるに違いありません。
 
で、主婦ノリカさんからの返信というと…
 

PCMAXでの返信

 
やはり掲示板の書き込みの通り、今は一時的に独身の様子。
つまり、妻でもなく母でもない、フリーのオンナという状態。
 
しかも裏プロフィールを覗いてみると、Eカップの持ち主…。
 

PCMAX裏プロフィール

 
俄然、やる気が出てきてしまう私。
最近抱き甲斐のある女性がご無沙汰だったもんで、少しくらいムッチリしていても豊満なカラダを求めていたんですよね。
 
スリーサイズ=わかりません、っていうプロフは時には結構リスキーなこともあるんですが、表プロフにはグラマーとしか書いてなかったので、ぽっちゃりまではいってないんだろうなぁという見当でした。
 
もう私はコッソリどころかモッコリ楽しく過ごす気マンマンです。
 
あとはスケジュール調整なんですよね。
幸いなことに、LINEでのやり取りをノリカさんから誘ってきてくれたので、自然な流れで繋がることに。
 
LINEで繋がってしまうとポイントを気にせずに話せるので、ついいろいろと話してしまうのですが、ここで重要なことをそれとなく確認してみました。
 

割り切り目的ではない!しかも生挿入を欲求w

出会い系でよくあるのが「割り切りの大人のお付き合い」ということで、援助交際的なパターン。
 
ホテル代とは別にいくら、といった具合にお金が絡むケースが多いんですよね。
なので、今回も念のため割り切り目的なのかどうか、彼女に探りを入れてみました。
 
すると、LINEのやり取りにもあるように、どうもそうではない様子。
つまり、単に彼女自身が自分の性欲を満たしたい、ということのようでした。
 
てことは、やっぱ相当溜まってるってことですよね。
 
発情したメスがマン汁垂らして股広げてる、っていう妄想が頭の中を埋め尽くしてしまいました(笑)
 

ラインのやり取り

 
ま、こっちも脳内でハァハァ言いながらスケジュールを相談するわけですが、これがまたもどかしかったんです。
 
ていうのも、当時、私の次の休みは月曜日だったんです。
でも、彼女は日曜昼間か月曜火曜の夕方以降が希望とのこと。
 
私はできれば、月曜の昼間がよかったんですが、ここで彼女の衝撃のひと言…、
 
「生でお願いしますね?」
 
「え!?生?」
 
居酒屋で「とりあえず生」と言うのとは話が違いますよね。
 
この驚きの展開に私も思わず浮ついた返信をしてしまうほど。
それで結局のところ生の魅力に動かされて、無理やり月曜の夜に彼女とのセックスの予定をぶっ込んだというわけなんです。
 

生挿入への不安はあるが、自分を納得させた

ナマ確定か~
 
私の心の中はいろいろと揺れ動きました。
 
やはり、初めて会う人とナマでやるというのは、心配事も多いですもんね。
病気のことや妊娠のことなど。
 
なので、無条件におススメできるものではないと思うんですが、私、気付いたんです。
 
今回の相手は、長年、母であり妻であった
→すなわち不特定多数との性交渉がない=病気のリスクは低い
 
家庭のある立場でありながら自ら生セックスを要求している
→安全日を完全に把握している=妊娠のリスクは低い
 
 
なんということでしょう!
 
名探偵コナンも舌を巻く推理。
つまり、存分に生中出しして差し上げたらいいってことなんですよね。
 
ということで、来るべきXデーに向けていつものようにプチオナ禁をして過ごしました。
 

待ちに待った巨乳人妻と約束の月曜日

さてさて、約束の月曜日。
ノリカさんも私もほぼ神戸エリアの人間だったので、三ノ宮で待ち合わせることに。
 
場所は、前にパイ山公園(その形がオッパイに似てるからそう呼ばれていたが現在は工事中)があった場所付近のバス停。
 
17時半という待ち合わせ時間は、平日の仕事帰りの勤め人が動き出すには少し早い時間帯なので、思ったよりも人は少なめでした。
 
ほどなくして現れた巨乳の彼女は、黒いカットソーにシャツを羽織り、ムッチムチのホワイトデニムという服装。
髪はウェーブのかかった黒髪で、吹石一恵を地味にしたような顔立ちでした。
 
でも、体つきから放たれるエロさは相当なもの。
 
黒いカットソーの下に潜んだEカップバストが歩くたびにブルンブルンと揺れ、ホワイトデニムに包まれた下半身もめちゃくちゃ肉感的なんです。
 
スレンダー女性にはない魅力、これこそ私が求めていたエロさなんですよね。
 
三ノ宮から歩くこと10分ほど。
山手の方に進んできて、日もすっかり暮れる頃になると、二人は自然と手をつないで歩くことに。
 
「こんな風に男性と街を歩くのって、いつぶりなんやろ~」
 
美しくライトアップされた神戸のモスクを横目に、なんか二人は想像以上にいい雰囲気になってしまいました。
 

神戸のモスク

 
近くのホテルに着くころには、まるで汗と愛液が混じって蒸発したかのようなイヤらしい匂いがすでに二人を包んでいます。
 
メスのフェロモンがあるとすればきっとこんな香りなんじゃないか、と思うような空気感。
私は部屋に入ると、欲情したメスに襲い掛かるオスに。
 
そのままベッドになだれ込んでプレイスタート。
なんかこの時ばかりは、お互いにシャワーを浴びよう、というような気分にならなかったんですよね。
 
いてもたってもいられなくなった感じで、体を貪り合いました。
彼女をベッドに横たえ、ブラを外すと少し汗ばんだバストが露わに。
 
すっかり硬くなった乳首を指で刺激するだけで、もう十分に大きい声で喘ぐ彼女。
本能剥き出しのセックス開始です。
 

おっぱい

 
その吸い付くようなエロい肌は家庭に閉じ込めておいてはもったいないほど。
 
汗と女の味を堪能しながら全身を舐めまわすと、「はぁっ、んはあぁっ」とのけ反りながら快感に包まれる彼女。
 
オマンコの準備も万端なようなので、いよいよ挿入。
 
「このまま入れていいん?」
 
なんとなく、あらためて聞いてしまいました。すると、
 
「うん、そのままちょうだい…」
 
その言葉を待ってましたと言わんばかりに、本気汁でヌラヌラと光るビラビラをかき分けて夢のようなナマ挿入を果たしました。
 

ナマ挿入

 

2人は欲情したオスメスの不倫関係に…

肉厚オマンコに包まれたチンポは、あまりの気持ち良さに硬さを増すばかり。
オマンコの奥や入口などナマで直接こすれあう感覚を存分に楽しませてもらいましたよ。
 
でも、久しぶりのナマは気持ち良すぎて、射精をコントロールするのも一苦労。
なので、途中で一旦ゴムを装着して、しばしピストン運動を楽しみつつ快感の波をしのぎます。
 
で、しばらくすると、また生ハメに移行して、ダイレクトに彼女を味わうという贅沢な展開。
 
そりゃやっぱ生の方が格段に気持ちいいですもんね。
 
そうこうしていると、快感がの最高潮を迎えつつある彼女。
快感の高まりに伴い、オマンコの締め付けもヒートアップ。
 
絶妙な締まり具合に私も降参寸前となりました。
 
「いっぱい出していいよ…」
 
そんな彼女の囁きを聞いて、心を決めた私。
激しく腰を振り、オマンコの奥の奥に突き刺したままドクッドクッとアッツアツの精子を注入してしまいました。
 
尋常じゃない快感にお互いしばらくカラダをビクビクと震わせるほど。
オスとメスが結ばれ合うセックスって、本能レベルで通じ合うものがありますよね(笑)。
 

ラブホセックス後

 
終わった後はもう放心状態…。
きっと二人にとって忘れられないエッチベスト3には入った一夜だったのではないでしょうか。
 
今度またフリーな時があったら絶対会おうね、と連絡先を交換して駅で解散。
 
いや~、いい汗かきました。
 
最近PCMAXで結構当たりを引いてるなぁっていう印象ですね。
 
→PCMAXはこちら