30代専業主婦!パイズリOKの巨乳人妻とダイナミックファック

30代専業主婦!パイズリOKの巨乳人妻とダイナミックファック

日常生活で何気なく使う言葉の中には、口に出すとき一瞬、緊張してしまう言葉ってありますよね。
 
例えば、紅茶のティーパック。
いまだにティーバッグなのかティーパックなのかいまだに私はよくわかっていませんが、少なくともTバックと言ってはいけないことは知っています。
 
それと同じような感じで、布の模様の一種に勾玉のようなデザインのものがありますが、あれも、決してパイズリー柄と呼んではいけません。
 
でも男にとってみれば、どちらかと言うと「パイズリー」の方が魅力的なはずですよね!
 

即マン志向の高い大阪南部で優良物件発見!

先日、久々に大阪南部での仕事を担当することになった私。
しばらくご無沙汰のエリアでしたので、単純に新鮮だったという面もあります。
 
しかも、以前PCMAXで知り合った堺の主婦とのセックスがかなりのハイクオリティだったので、ついつい大阪南部のポテンシャルの高さに期待してしまいます。
 
ちょうど今回は同じ大阪南部の松原市での仕事。
2匹目のドジョウを狙い、仕事終わりにPCMAXで付近の女性を検索開始。
 
セックスに飢えてムラついていそうな昼下がりの主婦を探してみることにしました。
 
絶対数としては大阪市内に比べると幾分少ない感じですが、堺市以南の大阪南部エリアは濃厚淫乱主婦の宝庫。
なぜなら専業主婦が市内に比べて多いから。
 
エッチに対して大らかで、なおかつ情熱的な女性が多いように思います。
ちなみに今回ヒットしたのはオッパイに自信のある30代半ばの人妻。
 

PCMAXでおっぱいに自信のある堺市の人妻書き込み

 
プロフによると普段はマジメだけど実は内心エッチなことを考えているというFカップバストの持ち主、優子さん。
 
内に秘めたイヤらしさがセックスの時に爆発してしまうんだろうなぁ…と思いつつ、裏プロフィールを覗いてみると、やはりなかなかのエッチ大好き主婦です。
 

PCMAXの裏プロフィールでもおっぱいに触れています

 
プロフィールの「得意プレイは?」という問いに「大きな胸です」と回答しているところを見ると、パイズリもありなのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。
 
しかも、相手によっては生挿入や口内発射もアリなんて書いてあるので、これはいろんなエロ遊びが楽しめるかもな~と触手がピクピクしてしまいます。
 
こんな優良物件を取り逃がす手はありません。
 
早速彼女にアプローチしてみます。
今回は今すぐ会える相手を探していた私、自然とメッセージの内容も単刀直入なエッチ前提なものに…
 

PCMAXで人妻と堺で会う約束と直メをゲットです

 
すると数分後、彼女から返信があったので、やりとりすること数通。
直メでやり取りしたいとのことで、送られてきたのが携帯のメールアドレス。
 
これはいけるっ!
 
向こうもいち早くチンポにありつきたい様子ではありませんか!
思わずニヤッとしてしまいそうになりながらも、手際よく直メでのやり取りに移行します。
 

直メは距離を縮める必勝ツール

やはり、お互いすぐにでも交わりたい者同士ってこともあってか、話は当然そっち方向へ。
直メのやり取りで一気に彼女との距離も縮まり、約30分後の13時にJR百舌鳥駅前で待ち合わせることになりました。
 
コンビニでパンを食べながら相手探しをしていた私ですが、待ち合わせ場所までは車でちょうど30分ほどだったので、早速移動開始。
 
話が早いのはヤリたいからなのか…はたまた、河内のオンナの特性なのか…まぁどっちでもいいですが。
 
いずれにしても、こんなにすぐにオマンコにありつけるってのはPCMAXサマサマだなぁとあらためて出会い系サイトの威力を実感。
しかも直メで話せたので、勢いでパイズリOKかどうかも聞いてみました(笑)
 

PCMAX

 
「はさんじゃおっかな~」って…
 
ヤル気マンマンじゃないですかぁ~!
 
Fカップバストの谷間でヌッチャヌッチャしながらチンポが躍る様子に思いを馳せながら、一路、百舌鳥駅を目指します。
 

巨乳人妻とのセックスを期待して百舌鳥駅に向かいます

 

待ち合わせとして意外な場所に戸惑うも無事対面

ちょっと駅付近の道が混んでて、到着は13時ちょい過ぎ。
意外にもこじんまりとした駅だったので最初はココで合っているのかどうか心配になりましたが、優子さんにメールで到着の連絡をして待機します。
 
待っている間、ボーっと駅の看板を見ていましたが、このあたりの地名の百舌鳥(もず)って、やはり、何度みても効率の悪い漢字だなぁと思ってしまいます。
漢字より読みの方が少ないのってなかなか無いですもんね~。
 

待ち合わせ場所らしくない百舌鳥駅です

 
さてさて、そうこうしていると一人の女性が出現。
見た目的にはグラマーとチョイぽちゃの境目といった感じ。
 
ギリでグラマーという感じのダイナマイト主婦が視線を送ってきます。
私がかるく会釈すると、向こうも安心した表情で近づいてきて、車の窓越しに、
 
「私、いいですか?」
 
とひとこと。
私としてはもちろんOKなのですが、なんとも言えないその慎ましさに意表を突かれてしまいます。
 
「あ、う、うん、乗って乗って」
 
人見知りな彼女を車に招き入れ、いざラブホへGO!
初めこそギクシャクした顔合わせではありましたが、すぐにお互い打ち解けて和やかな雰囲気に。
 
やはりこれも直メで何度かやり取りしていたからでしょうか。
あまり距離感を感じません。
 
「私、今日の服、頑張ったんですよ~」
 
そう言えば確かに、「普段はマジメ」とプロフィールに書いていた割には、短めのスカートに網タイツという出で立ち。
運転中だったのでジロジロと見ることはできませんでしたが、代わりに手の感触でタイツの網目を確認。
 
ボリュームある太ももにタイツが少し食い込んで、これまた卑猥さ3割増。
ムスコも半ボッキ状態になってきたところでラブホに到着です。
 

中百舌鳥駅からラブホへ人妻と直行します

 

質感たっぷりのエロボディから繰り出される秘技

車中のお触りも相まって、彼女もすでに臨戦態勢の模様。
部屋に入って挨拶代りのキスからスタートし、服の上から自慢のボリューミーバストをムニュムニュ。
ブラのカップからはみ出させて乳首を吸うと、
 
「ぃやぁっ…ぅ、ハァッ」
 
と生々しい声があふれ出ます。
そのままプレイスタート、というのもアリではあったのですが、せっかくなので…
 
「ちょっと、優子さんのエロいカラダ見てみたいなぁ」
 
なんて言ってみると、まんざらでもない様子。
ベッドの上で爆尻を突きだしてエロいポージングをしてくれます。
 

エロい人妻のTバック尻に即興奮

 
あまりに見た目がエッチなので、ついついパンティ越しにオマンコをスリスリしていると、なんとなくパンティの股間がジンワリ。
 
「このままやってたら濡れ過ぎちゃうよ、シャワー浴びようよ」
 
たぶん本当はもっとやって欲しかったんでしょうが、彼女に濡れたパンティを履いて帰らせるのもどうかと思ったので、ここは素直にシャワータイム。
で、お互いサッパリとした体で再びベッドへ。
 

シャワーを浴びて火照る体がよりエロく見えます

 
シャワーの後はより一層しっとりして、吸い付くような肌の彼女。
あらためて唇を交わし、マシュマロバストにむしゃぶりつきます。
 
乳首と乳輪のバランスがちょうどいい私好みのパイオツを無心で舐めまわしつつ、片手で股間のジャングルを探索しちゃいます。
 
肉ヒダをかき分けるように指を入れるにつれて、彼女の本当の淫らさが露わになっていくかのようにいやらしい声が漏れるように。
どんどんと粘液が分泌され、あっというまにオマンコはトロトロ状態です。
 
そんな愛液の泉をもとめて彼女の股間に顔をうずめる私。
ペロペロ、ズォーッとバキュームクンニしてやると、腰を浮き上がらせてピクピクと感じだします。
 
しかもまた、そのピクつきに合わせてデカパイがダルンダルンと揺れるんですよ。
さっきまで舐めまわしていた唾液にまみれたオッパイがテカリながら揺れる光景に、ついに私も我慢の限界を迎えます。
 
「パイズリ、できる?」
 
「私、上の方がいいかな?」
 
などと軽い打ち合わせを経て念願のパイズリがスタート。
 
正直、素人のパイズリってこれまであまり経験がなかったんですが、少しひんやりとしたパイ肉に包まれて、火照ったチンポは一層感度を増したかのよう。
 

パイズリ自慢の人妻は言うだけあって気持ちいい

 
乳房でオチンチンを挟みつつ、亀頭部分は咥えたりぺロペロしたりと、ありがちではありますが絶妙の合わせ技。
ムスコからもいよいよ我慢汁が滲み出します。
 
そのうちに亀頭を咥えこんでもらうだけでは飽きたらず、結構奥まで突っ込んでしまいました。
まさに、これこそハイブリッドパイズリ。
 
つまりオチンチンが胸に挟まれている位置からディープフェラの位置までを行ったり来たり。
 
「ンゴッ、ジュポッ」
 
彼女的には結構忙しそうでしたが、チンポに伝わるズリュンズリュンという快感に否が応でも高まってきます…
 

マン肉を広げて欲しがってしまうほどのセックス飢餓状態

チンポの反りも最大級を迎える頃、彼女も入れたくてたまらなくなってきたようで、自らマン肉を広げてオチンチンをおねだり。
たっぷりとハイブリッドパイズリを味わわせてもらえたので、こちらもそれに応えたいところです。
 

自らチンポをおねだりするようによがる人妻

 
ふと、いたずら心で、勃起して顔を出したクリトリスにチン先で軽く触れてみると、ビクッとしながらも照れる彼女。
 
「意地悪しないでよ~」
 
な~んて、まるで恋人同士のような口調です。
思わず「これはセックスフレンドにしたいなぁ…」って思っちゃいます。
 
「そんなに入れたいの?」
 
私はさっきの意地悪の流れでSっぽく囁きながら、オマンコにズブリと正常位で挿入。
 
「ハァハァ…すごい、奥まで来てる」
 
硬さも大きさもMAXのオチンチンを、根元までのストロークでガンガン突き上げます。
その激しさが良かったのか、彼女もどんどん声が情熱的なトーンに…
 
いつもなら早漏防止のためにもピストンには多少の緩急をつけるのですが、彼女とのセックスは、オマンコに「もっと!もっと!」って言われているような気がして、相撲のぶつかり稽古のように激しくパコってしまいました。
 
お互い無我夢中で快感をしばらく貪って、いきなりオマンコがキューッとチンポを締め上げ、彼女が腹の底から声を上げたかと思うと、ガクンと力が抜けた様子。
 
久々にわかりやすいエクスタシーを見た気分でした。
 
私もそれを追っかけるように発射した後、しばらくチンポを入れたまま余韻に浸ります。
しばらくして、互いの脈拍がようやく収まってきたころ、
 
「俺ら、セフレ確定って感じやけど、会い過ぎたら絶対二人とも早死にするよな(笑)」
 
と私が呟くと、彼女は無言でキス。
きっと彼女も、情熱的なセックスに満足してくれたのではないかと思います。
 
お互いに本能剥き出しのセックスを楽しめる相手って結構貴重ですよね。
彼女とは早死にしない程度にセフレ付き合いしていきたいなぁ、と思います。
 
セックスの相性抜群の主婦と会えるサイト→PCMAX