PCMAXで出会った変態趣味のある人妻とのエロエピソード

人妻とのエロエピソード

 
ぶっちゃけた話、出会い系サイトで知り合う人の目的は様々と言っても、最後はエッチ目的。

女性も、非日常体験を求めて登録していると言っても過言ではありません。

一見普通の女性でも、ベッドの中では普段隠している性癖が出る事も…

旦那さんや彼氏には言えないけど、変態プレイに興味があるのでこっそり…というパターンも結構多いです。

僕もPCMAXを使ってそんな人妻と知り合い、今ではお互いにメリットのある良好な関係を続けています。
 

ピュア系でもアダルト目的だった出会いエピソード

とは言え、露骨に「エッチしようぜ〜♪」と言っても、誰も相手にしてはくれません(笑)

今回の人妻も、プロフを見ると「H目的お断り」の表示がありますが…
アブノーマル」にもチェックが入っています。

PCMAXの投稿
エロそうな人妻

 
知り合ったきっかけは、ピュア系の掲示板に僕が投稿した「ご飯友達募集」でしたが…
アダルト目的で利用していることも間違いないでしょう。

割とスムーズにLINEを交換できたので、しばらくは当たり障りのない世間話からスタート。

これも自然な話で、最初は様子を見られていただけ…という事なんでしょう。
話を進めて行くと、徐々にですがエロトークが混じるようになってきます。

人妻でピシマに登録しているなら、下心が全く無い…と考える方が不自然って事ですよね(笑)

実はこのH目的お断り、「誰でも良いからHしたいだけの男はお断り」と解釈するのが正解。

女性側だって、理想に近く都合の良い男性と出会いたいに決まっています。

特に人妻は面倒な話やケチな男を嫌うので、大人の余裕…というか、心の余裕って結構大事です。

変にガツガツし過ぎている男って、出会い系でも現実世界でもモテないですよね。

相手のペースに合わせて話をするって、どんな場面でも大事な事なんでしょう。

後半はエロトークがメインになり、ピシマに登録した理由はお互いに「セフレ探し」だったと判明します。

人妻とライン
「サイトで知り合った人と一晩だけ…とか無いの?」
「不特定多数の人と…ってのはさすがに抵抗あるから、会うのは慎重になるよね」
「セフレとかいないんだ?」
「探してるところ(笑)」

 
ご飯友達募集って言っても、お互いに建前みたいな話でしかありませんでした(笑)
 

ハプバー経験のある変態人妻だった(笑)

LINEをしていてわかった情報は…

  • 結婚前に付き合っていた彼氏が変態で、ハプバーなども行っていた
  • 旦那さんは人柄と収入は良いけど、単身赴任で家にいない上にセックスも淡白で夜の方は物足りない
  • 出会い系で遊ぶのは初めてではなく、以前は定期的に会っていたセフレがいた

ハプバーに行っていた…って事は、変態的な話もアリっぽい雰囲気。

しかも、旦那さんが単身赴任&淡白で欲求不満。
となれば、これは人妻セフレとしては理想的な女性です。

人妻の変態エピソード

 
一気にテンションが上がりました!

美味し過ぎる話の展開に、冷やかしパターンも想定しながら慎重にメッセージ交換を継続。

こういう時はメール交換だけで終わり実際に会えない事もあるので、最悪の想定もしながらやり取りをした方がストレスは少なく済みます。
(最初は期待しまくって、何回も痛い思いをしました笑)

実際に会うまでは過度な期待をしないように…と何度も頭の中で繰り返しましたが、やっぱり期待値は上がってしまいますけどね(笑)

「デートの件だけど、今週末なら大丈夫…」

しばらくしてデートOKの連絡があり、事前に写メも交換。

そのまま、デートの詳しい場所と時間を決めました。
(一応目隠ししておきますが、地元の人なら誰でも知っている定番のあの場所ですw)

人妻と待ち合わせ

 

エロ人妻との逢瀬

 
指定された待ち合わせ場所に着いてメッセージを送り、高まるテンションを抑えながら人妻が来るのを待ちます。

ぶっちゃけ事前のやりとりはちゃんと出来ていても、すっぽかされる時はすっぽかされるもの。

実は詐欺写メで、実際に会ってみたらデブスだった…というパターンもありました。
(女性って平気で3~4年前の痩せていた頃の写真を見せてくる事もあるので…)

「今着きました」

しばらくすると、LINEに連絡があり、そのまま構内の目立たない場所に移動。

数分後、こちらに向かって歩いてくる女性の姿を確認。
遠目に見てもどこにでもいそうな普通の人だったので、まずはホッとしたのが本音です(笑)

自然と目が合い、声をかけると笑顔で応えてくれたので間違いないでしょう。
 

「こんにちは。○○さんですよね?今日はありがとうございます」
「はじめまして。○○です。よろしくね」
「え〜っと、じゃあ、まずはどこかカフェでも行きましょうか?」
「…(無言)」
「…じゃあ、ホテル直行で(笑)」
「うん、そっちの方がいい(笑)」

 
即答でした(笑)

ラブホに向かう途中は軽い世間話で盛り上がり、初対面とは思えないほど。

ついでに帰宅時間も確認したところ、特に予定も無いし旦那さんも帰ってくる日ではないらしく。
終電までに帰宅できれば良い…との話。

今はまだお昼過ぎなので、10時間ぐらいはいけるんじゃね?
体力持つかなぁ…と、ちょっと不安にもなりました(笑)

エロ人妻とラブホ

 

エロい人妻の即尺→生ハメ→口内発射

ラブホに着くと人妻の表情が一気にエロくなり、誘うように笑っています。
 

「もうさ…我慢できないんだよね。いいでしょ?」
「ちょ…、まだシャワー浴びてないし。いきなり!?」
「××さんだって、もう大きくなってるじゃん。これ、欲しいなぁ…」

 
有無を言わさず、即尺!

「この匂い、好き…」

恍惚の表情を浮かべながら、裏筋の方まで丁寧に舐めてくれます。

人妻のエロいフェラ

 
さっき会ったばかりの人妻が私服のままフェラをしてくれる…なんて、普通に考えたらありえない状況。

しかも、テクニックも抜群。
本気になって舐めているので、ちょっとでも気を抜くと暴発してしまいそうなぐらい気持ちいいです。
 

「やべぇ…、超気持ちいいんだけど…。こんなの誰に仕込まれたの?」
「うふっ、そう言って貰えると嬉しいね。やっぱり、元カレかな?」
「旦那さんにもしてあげるの?」
「全然ダメ。こういうプレイ好きじゃないみたいだし、淡白だから盛り上がらないし…」
「それで、相手を探していたんだ?」
「それはお互い様でしょ?××さんも奥さんいるみたいだし…」

 
指輪は外していたんですが、跡が残っていたのでバレちゃいました(笑)
(ちなみに、自分は会社の接待で日帰り温泉旅行…って事にして出て来ています)

そのままの勢いで、お互いに全裸になりベッドへ。
とりあえず一回やらないと落ち着かない…という雰囲気になっていました。

前戯らしい前戯もしていませんでしたが、彼女のマンコは既にヌレヌレ。

自分もギンギンになっていたので、服を脱がせたら正常位で一気に挿入します。

エロいセックス
「あぁん、あぁん!これ、気持ちいい!」

甲高い喘ぎ声を上げながら、彼女も積極的に腰を振っています。

そのまま中出し…って訳にもいかなかったので(ゴムしてなかったw)
一発目のフィニッシュは口内発射で♪

口元の精液を指先に乗せて遊んでいる人妻は、たまらなくエロかったですね。
 

経験豊富な性豪の人妻と、1日中セックス三昧

時間もたっぷり有ったので、一回シャワータイムを挟んで2回戦スタート。

大きな胸も気になっていたので、パイズリのリクエストをすると快く挟んでくれました(笑)

エロ妻のパイズリ

 
ノリが良くてエロい人妻とのセックスが、盛り上がらない訳がありません。

その後も妻とは出来ないエロいプレイを思いつく限り楽しませてもらい…
気が付いたら、6時間近く過ぎていました。

時間を忘れてセックスに没頭してしたのは、本当に久々でしたね。

しかも射精の度に綺麗にお掃除フェラもしてくれるので、気持ちも満たされます。

彼女のフェラは咥えるというよりも、舐め上げる感じ。
敏感なところを舌先でツンツン突かれると、それだけで気持ちよくなってしまいました。

再びのフェラ

 
とは言え、さすがに4回もやればチンコも勃たなくなりますね。
最後はバックで攻めましたが、何も出ませんでした(笑)

人妻とセックス

 
その後はピロートークがメインに。
この頃にはすっかり打ち解けて、お互いに包み隠さず暴露話をしていました(笑)

その内容は予想を超える元彼とのエロい体験の数々。
ざっくりとした内容は…

  • ハプバーで複数プレイをした経験アリ
  • 常連同士でスワッピングもした経験アリ
  • プライベートでAV撮影もしたので、もしかしたらどこかのサイトにアップされている…かも?(笑)

そりゃ普通の旦那さんでは、物足りなさを感じるのも当然ですよ…^^;

そんな話をしていたらまた元気になってしまい、時間ギリギリなのに延長戦に突入。
この日はセックスしかしていない1日でしたね。

結局、滞在時間は9時間を超え…
帰る頃には足腰がふらふらになっていましたが、気分は最高でした。

既婚者同士のエッチな秘密の気分転換、時には大事ですね。

「また時間合わせて会いましょう♪」

別れ際にそう言って貰えたので、セフレ化&ハプバーデートの期待も高まります。

…忘れないうちに外した指輪を付け直して、帰宅する事にします(笑)

エロいエピソード
 
エロい人妻と会える→PCMAX