出会い系のシングルマザーが期待以上の可愛さ!最高のセックスに

出会い系のシングルマザーが期待以上の可愛さで最高のセックスに

出会い系サイトで存分に、人妻とのセックスを満喫させてもらっているヤッシーです。
 
この前、サイトから定期的に送られてくるサービスポイントがあったので、ワクワクメールを使うことに。
 
サービスとして20ポイントがプレゼントされるので、単純計算で200円分です。
 
些細なことではありますが、なんかちょっと得した気分でついついすぐにログインしてしまいますよね。
 
で、早速女性を探し出すわけなんですが、今回はコンセプトをシングルマザーに設定して探すことに。
 

ワクワクメールでシンママ探しをスタート

なぜシングルマザーにこだわりたかったかというと…
 
まずひとつ目は、若いシングルマザーと単にセックスしたかったというため。
 
ていうかむしろ、単に若いママ世代の女性とセックスがしてみたかったってだけなんですが…
 
というのも、自宅の近くに保育園がありまして、そこに送り迎えに来るママたちが近頃はどうもみんな可愛く見えるんですよね~。
 
ほんと昔のイメージとは随分変わったなぁという印象です。
 
ちなみに私は生まれも育ちも関西ですが、私たちが保育園に通っていた頃のママたちは「ママ」と言うより「おかん」でした。
 
なので、それこそ中川家の礼二がやるようなキャラのオバハンが、ガニ股で自転車をこぎながら子どもを送り迎えする光景が一般的。
 
色気も何もあったもんじゃありません。
でも、最近は違うんです。
 
良く言えば、安倍なつみとか戸田恵梨香みたいな雰囲気のママを結構見かけるんですよね。
 
もうそうなれば、おかんとは呼ぶ気にはなりません。
 
ヘアスタイルや服装も非常にあか抜けた感じですし、何より体つきがエロい(笑)
 
ちょうどいい食べごろといった感じでヨダレものなんです。
 
なので、実際に若いママ世代の女性と一発ヤッてみたかったというのが最大の理由です。
 
そして、中でもシングルマザーを狙った理由は、シンママが比較的手軽にセックスできる相手だからというもの。
 
私自身、過去にもシンママとセックスする仲に至ったことが何度かありますが、やはり、シングルマザーの女性は生活力がある反面、性欲は持て余しているというケースが多かった印象があります。
 
つまり、こっちとしても付き合いやすい相手なんですよね。
 
経済的にも精神的にも過度に依存してくることのない彼女たちは、純粋に肉体的な快楽を味わうことが第一の目的なので、お互い後腐れなくセックスを楽しめるような関係になりやすいと言えるでしょう。
 
言い換えれば、彼女たちは自分自身の性欲処理のために出会い系サイトで男を探しているというわけです。
 
なので、お互い願ったり叶ったりというところではないでしょうか。
 

手軽にセックスが楽しめるシングルマザーを探していたはずが…

ということで、私はワクワクメールで20代のシンママを探すことに。
 
チョイチョイっと検索条件を設定してプロフィール検索で数分。
すぐに興味のわくシンママを見つけました。
 

ワクメのシンママプロフは良い感じがします

 

シンママでDカップというのも期待を持たせてくれます

 
プロフィールからしてもなかなか良さげなシンママ「やよいさん」です。
 
私的にはややポチャも全然OKですし、Dカップも大歓迎
 
スリーサイズを見るといくぶんサバを読んでる感もありますが、そこはご愛嬌。
 
年齢にしてもスタイルにしても、サバ読みは出会い系サイトの常套手段なので織り込み済みといったところでしょうか。
 
これは取り逃がすまいと、最初はあまりギラついた感じを見せずにやり取りを開始。
 
ファーストコンタクトの感触もよかったので、「じゃ、来週にでも一度お会いしましょう~」と誘ってみる私…
 
あとはOKの返事を待つだけの段階までこぎつけたのですが、ここで予想外の展開。
 

ワクメでシンママとのやり取り

 
「最初は会って話すぐらいから徐々に仲良くなりたいです」
 
!?え、なんすかそれ。
 
私としては、手軽にセックスできる相手としてシンママを選んでいるわけで…
 
サクッと待ち合わせしてホテルへGoかと思いきや、意外なコメント。
 
話してから仲良くなるより、仲良くなってから話せばいいじゃないか!
 
まぁ、そんなことは言えるはずもありません。
 
最初にギラつきを抑えたキャラ設定でやり取りを始めているので、いきなりヤらせろ男に豹変するわけにもいかず。
 
どう考えても強引に進めるのは得策ではないはず…
 
しかし、ここで見逃してはならないのが、その次の彼女のコメント。
 
「人見知りで緊張するのでリードしてくれないと困るかな」
 
これは、なんとも思わせぶりなコメントですよね。
久しぶりに出会い系サイトでこういう駆け引きのドキドキを感じます。
 
つまり、下手すると本当にただ話して終わる可能性もありますし…
 
上手くいけばその日に即マンの流れもアリということです。
 
いずれにしても、彼女が自分で「エロいって言われる」って書いている時点で、少なからずセックスしたい気持ちはあるはず。
 
そう見越して、とりあえず翌週の月曜日夕方に待ち合わせを設定です。
 

珍しく万全のプランニングで迎える彼女との待ち合わせ

いつもサイトで知り合った女性と出会う時、たいていは待ち合わせ→即ホテルという流れが多いため、特に大したプランは考えません。
 
でも今回は不確定要素も多いので、いろいろとシミュレーションして当日を迎えました。
 
なんかこういう展開もたまには新鮮で刺激的かもしれません。
 
さて、彼女は離婚後に奈良で実家暮らしとなっているらしく。
 
地元での待ち合わせは多少リスキーだということで、待ち合わせ場所は大阪・梅田のマルビル裏。
 
ここでちょっと考えたのは、電車で行くか車で行くかということ。
梅田で待ち合わせをするのに車で行くのはかえって不便なんですよね。
 
しかし、今回は出会ったのに空振りになる可能性もあります。
 
できるだけ短時間に親密な関係になりたいという狙いもあって、あえて車で彼女をピックアップすることに。
 
約束の時間に待ち合わせ場所に行くと、先にシンママは着いています。
 
夕暮れの中、目印のピンクのスニーカーがデニムのボトムスに映えて予想以上に可愛い雰囲気です。
 
「松岡茉優」を地味にした感じの女性ですが、シンママらしからぬふんわりとした空気感で、なかなかの上モノ。
 
髪も落ち着いたダークブラウンで肩ほどの長さ。
 
確かに即ホテルのキャラではなく、ちょっとお話してから、という感じにピッタリの女性です。
 
もちろん、股を開く前からマン汁垂らしているようなタイプでは決してない感じ。
 
でも、内に秘めたエロさは確実にあるような、一番期待できるタイプのシンママなんです。
 
車に招き入れて、まずは軽く挨拶。
 
「初めまして、今日は仕事?」
 
あたりさわりのないことを聞くと、
 
「ううん、今日は仕事休みでよかったぁ。昼からなんかドキドキしてしまっててん(笑)」
 
と、可愛いシンママ。
 
まぁ実際のところ、雰囲気だけでほぼ即ヤリ確定フラグは立っていると見なせるのですが…
 
焦ってコトを仕損じてはいけないので、一応当初の計画通りしばらく車を走らせて会話を楽しみます。
 
ドライブコースは、梅田からUSJの方に車を走らせて大阪湾の夜景を見つつ、阪神高速で梅田エリアに戻ってくるというもの。
 
なんてことのない数十分ですが、途中で朝潮橋のパーキングエリアで休憩したりと、二人の距離を縮めるには結構役に立ったのかもしれません。
 

大阪朝潮橋で奈良のシンママとドライブ

 
やはり、夜景の威力は絶大なものがありますよね。
いつの時代も夜景は最大の媚薬の一つではないでしょうか。
 
車内でつないだ手が自然と汗ばんでいくのがわかります。
 
私たちが梅田エリアに戻ってくる頃には>明らかにお互いその気になっています。
 

シンママが本性をむき出しにして性欲全開のセックス

私たちは恋人みたいな雰囲気で川沿いのラブホテルへ…
 
部屋のソファでお互い向かい合うと一瞬のためらいがありましたが、それを振り払うかのように強く抱きしめると、シンママも吐息を漏らして体をゆだねてきます。
 
彼女のDカップの胸を露出させると、その光景は卑猥そのもの。
 
思わずベロベロと舐めまわしてしまいます。
 

シンママのおっぱいw

 
仕事帰りだったスーツ姿の私のネクタイを解き、シャツの上から私の乳首を指で撫でまわしてくる彼女。
 
離婚した元夫にもそうやってカラダを求めていたんだろうなぁ。
 
…と想像すると、私はやけに興奮してしまいました。
 
立ち上がってディープキスをしながら彼女のデニムを脱がせ、パンティ姿の尻肉を鷲掴み。
 
揉んだり開け広げたりと互いに愛撫しあうこと10分くらい。
 
「シャワー、浴びよっか」
 
潤んだ目で頷く彼女が愛おしく感じてしまいました。
 

ラブホでシンママと一緒にシャワーする前

 
シャワーを浴びながら彼女がこう言います。
 
「わたし、久しぶりやねんなぁ、男のひと」
 
私はそれを聞いて、なんとなくシンママの孤独感みたいなものを感じてしまったのですが、実際はそれと真逆。
 
どちらかと言うと、生き血にありつけたドラキュラの心境に近かったのかもしれません(笑)
 
彼女は上の言葉を言い終わると、自分から私のチンポにむしゃぶりついてきて、思う存分男根を味わっていました。
 
私の尻を掴んでチンポを根元までくわえ込むので、亀頭が喉奥に当たりこの上ない快感。
 
彼女も時折むせていましたが、髪がシャワーで濡れることも気にせずに無心でフェラしてくれました。
 
その後ベッドに入り攻守交代。
うつ伏せに彼女を寝かせて、じっくりとフェザータッチで全身を撫でまわしてみました。
 
初めはくすぐったい様子でしたが、次第に腰をくねらせて感じだす彼女。
 

シンママをフェザータッチで愛撫します

 
少し尻を浮かせるような姿勢にすると、愛液でヌルッと光ったおマンコが激エロです。
 
わざと音を立てるようにクンニしてみますが、あまりに気持ちいいのかブルブルッと腰が震えるので、舐めにくいばかりか私の鼻まで彼女の本気汁でびちょびちょ。
 
これにはさすがに耐えかねたので、尻を高く突き上げさせた状態で押さえつけて固定。
 
クンニと指マンで激しく刺激してやると、軽く潮を噴いて絶頂に達したようです。
 
あまりに淫らな体勢だったので、その姿勢のままブスッと突き刺してバックでピストン。
 
久しぶりに男に犯されるのがよほど気持ち良かったのか…
 
汗なのかヨダレなのかわからない汁を口から垂らして快感に浸るシンママです。
 
しばらく味わったあとは正常位に移り、面と向かって性欲を解放させる彼女を目の当たりにして、激しく交わります。
 

シンママに正常位挿入してクライマックスに向かいます

 
イキそうになる私が腰の動きをゆるめると、足で私の尻をはさみグイグイとオマンコにおしつける彼女。
 
この子、本気で欲しかったんだなぁと、思わずこちらも本気のキス&ピストンで応えてしまいました。
 
そして、強く抱きしめ合ったままお互いクライマックスへ。
 
なんか恥ずかしいですが、私も腹の底から声を上げてしまったように思います。
 
案外かわいかった上に、予想以上にエロかった彼女。
 
性欲のストッパーが外れたシンママってここまでなるもんなんですね。
 
帰りは彼女を難波まで送ったのですが、車中も名残惜しいムードです…
 
お互いの夜のパートナーとして、また声を掛け合える関係になれたらいいね、とLINEを交換して今回は別れました。
 
ホテルに至るまでの疑似恋愛っぽい雰囲気が印象的な今回の体験。
これも出会い系の醍醐味です。
 
だからやめられないんですよ~(笑)
 
→シンママも多いワクワクメール