中年男性が人妻と生ハメセックスしてセフレ化した体験談

中年男性が人妻セフレとセックス三昧

出会い系サイトにも色々ありますが、最近はJメールがアツいですね。

私も最初は半信半疑でしたが、登録したその日に40代の人妻と割り切りデートに成功!
(条件付きでしたが)

普通の人妻と、セックス目的で出会えるんです。

正直、中年の域に差し掛かった私が普通に生活をしていたら、ありえないシュチュエーションですよね。

やはり、他のサイトにはない「人妻の誘惑」というカテゴリーは必見でしょう。

ミドルエイジ」のカテゴリーも、結構活発に動いているようです。

人妻や主婦、年齢が高めの女性と知り合いたいなら、登録だけでもしておいて損はないと思います。

今では風俗にはない楽しさを覚えてしまい、すっかりハマってしまいました(笑)
 

Jメールで茨城の人妻セフレを狙う

条件付き希望の人が一定数いるのは、出会い系ならしかたのないこと。

ですが純粋に遊びたい人妻に出会える事もあるので、Jメールはやめられません。

ポイントは「気長に待つこと」ですかね(笑)

この時も、焦らなかった事が功を奏して理想的なセフレをゲットしました。

相手のプロフィールは以下の通り。

  • 38歳既婚者、子供2人
  • 結婚をきっかけに茨城の水戸市に引っ越して来た
  • 以前はOLをしており、今の生活は単調なのが不満

 
主婦や人妻に良くありがちな、「生活に不満はないけど、刺激が欲しい」的な感じですかね。

女性は40歳前後が性欲のピーク…
そんな話もありますし、家庭を持っている人なら無茶な事はしないでしょう。

茨城の人妻。
美味しそうな匂いがプンプンします(笑)

いきなり直アドを聞くと警戒される可能性があったので、まずはサイト内でのメッセージ交換からスタート。

仲良くなって来たタイミングで、LINEに移行します。

Jメールの人妻とのやり取り

 
相手も会う気は満々だったようですが、主婦との出会いで一番難しいのが時間の問題。

さすがに自分も普通の会社勤めの人間なので、なかなかタイミングが合わず…。

そのままメル友のような関係が続き、半月ちょっとが過ぎたある日。

茨城の人妻とラインで約束
「今度の金曜日の夜、主人がいないので会えませんか?」

 
寝耳に水な、嬉しいメッセージが届きました。

聞けば、旦那さんが1泊の社員研修で不在とのこと。

彼女自身はパートが休めないという理由で、子供達は旦那さんの実家に預ける…という設定だそう。

もちろん断る理由はありません。

約束は金曜の18時。
国道51号線沿いにある、ファミリーマート水戸東前店の駐車場で待ち合わせです。
 

元エリートエンジニアの主婦と密会デート

待ち合わせ場所に着いてLINEを送ると「10分ぐらいで着きます」と返事がありました。

どうやら、近くに住んでいるようですね。
車のナンバーも添えて返信しておきました。

どんな人が来るかワクワクしながら待っていると、助手席の窓から車内を覗く人影が。

窓を開けて女性に声をかけます。
 

「こんばんは。○○さんですか?」
「はい、××さん…ですか?
あの…はじめまして」
「どうぞ乗ってください」

 
事前に写真の交換ができなかったので多少の不安はありましたが…

タイプ的には歌手の「YUKI」っぽい感じ。

元ジュディマリのYUKI
歌手のYUKIさん

小柄でふわっとした第一印象。

普段着に近い格好だったので地味な印象もありましたが、悪くはありません。

しかも思ったより気さくな人だったので、世間話も自然に盛り上がりました。

彼女のバックボーンは、このような感じ。

  • 結婚前は、誰もが知っている某製作所のエンジニアだった
  • 有名な電機大学を卒業後、いわゆるエリート社員だったが出産を機に義母の強い希望(半強制で)専業主婦に
  • もっとレベルの高い仕事がしたいのに、スーパーのレジ打ちしかできない環境がストレスの原因
  • 旦那もまともに話を聞いてくれない

 
セレブ…という感じとはちょっと違いますが、日本のトップクラスで働いていた、いわゆるバリキャリ系

専業主婦が悪いとは言いませんが、仕事が生きがいだった人に「女は家にいろ!」と言っても、現実的には辛いだけのようです。

当たり前のようにしていた贅沢も、家庭が優先されてしまえば気軽にはできないもの。

こうやって出会ったのも何かの縁です。

その欲求、満たしてあげましょう!

車を停めて、スマホで旅行サイトをチェック。

運良く「里海邸 金波楼本邸」(大洗の高級ホテル)が空いていたのでその場で予約。
(人妻には内緒で♪)

しかし当日予約だったので、素泊まりプランしかなく。

仕方がないので、夕食は大洗駅近くにある「朝日堂」という海鮮居酒屋に寄りました。

店の雰囲気は普通でしたが、それでも港町の海産物はどれも美味しく、二人でついつい食べ過ぎてしまいました(笑)

車の運転があったので、お酒は彼女だけ。
20時を過ぎる頃には、ほろ酔いでいい感じに…。

本日のメイン、宿へと移動です。
 

高級ホテルに上機嫌の人妻と、生ハメセックスを満喫

人妻はてっきりラブホテルに行くものだと思っていたらしく、宿に案内するとさすがにびっくりしていました。

記帳を済ませ(もちろん、彼女は偽名)部屋に案内されると、上機嫌で抱きついて来てくれました。
 

「結婚しちゃうとさ…こういうところ来られないんだよね。
子供もうるさいし」
「せっかくだから、ラブホよりこういう所の方が良いかな?と思って」
「でも、高いんでしょ…。
ご飯もご馳走になったのに、なんだか悪いな…」
「予約サイトを使えばそんなでもないよ。
素泊まりだし気にしないで」

 
実際、変に条件付きの女と遊ぶ事を考えたら、予算的にも変わらないですね。

それで女性も気分良くなってくれたら、自分も嬉しいもんです(給料日後限定ですが。笑)

シャワーを浴びて浴衣に着替えると、ますます色気がアップ。

もう待ちきれません!

人妻のオマンコ

抱き寄せてキスをすると、酔いの勢いもあってかかなり積極的に舌を絡ませてきました。

着替えたばかりの浴衣を脱がせて、ベッドへ(笑)

恥ずかしがる彼女を押し倒して、不意にクンニ

腰をよじらせながら小さな喘ぎ声を漏らす彼女は、エロい人妻そのもの。

そのまま男性上位でシックスナインの態勢になり、腰を振ります。

「ごふっ…ごふっ…」

腰の動きに合わせてむせる声が、征服欲を刺激してたまりません。

人妻のマンコは、すでにトロトロのじゅくじゅく。

「自分で入れなよ…」

仰向けに寝転んでそう告げると、嬉しそうに馬なりになって騎乗位で生挿入

ラブホじゃないのでコンドームの備え付けもありませんし、仕方ないですよね(笑)

しばらく下から突き上げて彼女の反応を楽しんだ後は、後背位や正常位に対位を変えて明け方までセックス漬け。

波の音が良い感じに非日常の雰囲気を演出してくれて、最高の夜でした。

騎乗位生ハメで人妻とセックス

 

出会い系の人妻と、不倫セックスを楽しめるセフレ関係に

この日をきっかけに、人妻とは理想的なセフレに。

お互いに仕事や家庭があるので頻繁には会えません。
ですが、逆にそれが丁度良い束縛で刺激になっています。

平日に休みが取れた時は、旦那さんと子供を送り出した後、自宅に入れてもらうっていう。

生活感のある、リビングや夫婦の寝室でセックスするのは興奮します(笑)

AVだけの世界だけかと思ってましたが、Jメールのおかげで刺激的な時間を過ごせる機会に巡り合えました。

旦那さんが研修や出張で不在になる日も1~2ヵ月に1回はあるので、決まってその日は高級ホテルでデート。

前もってわかっていれば格安プランで泊まれるし、食事をしてそのままという事も可能です。

明け方までに帰らなくてはいけないので、毎回5時前にはチェックアウトをしないといけないのだけ、ちょっと辛いですね(笑)

中年男性がセックス出来るサイトJメール