大学生がワクワクメールで、30代の人妻セフレを作った体験談

30代人妻に正常位で挿入

大学進学のため広島から京都へ。
初の一人暮らしは大変ですが、楽しみもあります。

親がいない開放感はもちろんのこと、友達と麻雀をしたり女の子を連れ込んだり。

でも、一番は前から興味のあった出会い系サイトで遊ぶこと。

一人暮らしだと親の目を気にする必要もなく、女の子と一日中楽しめるのは夢がありますよね(笑)

なので早速、事前に調べておいた出会い系、ワクワクメールに登録。
 

大学生活一人暮らしをきっかけに、出会い系ワクメデビュー

興味はあったものの初めて使うし、周りに使い方を教えてくれる人もいません。

その前に他人に「出会い系やってる?」なんて聞けません(笑)

最初は無料の出会い系アプリでもいいかな?と思いましたが、攻略サイトや体験談を読んでいると…
大手サイトの方が安全だし、出会える確率も高いとの事。

そこで、まずはアダルト掲示板の「今日じゃないけど」に自己紹介的な投稿をしました。

  • 19歳の大学1回生。広島出身で一人暮らし。年上がタイプ。
  • 授業がなければ平日の昼間でも大丈夫。
  • ワクメ初心者なので、細かい事がわからなかったらごめんなさい。

 
思いっきり平日の昼間に会える主婦を狙った書き込みです(笑)

ワクワクメールの掲示板に主婦狙いの投稿

 
アダルト系に書き込んだのは、下心を隠さないため。

細かいことが…というのは、条件付き希望が来た時にとぼけられるかな?と思って。

大学生なのでお金もありません。
それ以前に業者的な人と遊びたかったら、河原町や先斗町(ぽんとちょう)の風俗街に行った方が早いし確実。

あくまでも、狙いは本物のエッチな人妻。
来たるその日に備えて、人妻モノのAVを観ながらイメトレを開始しました(笑)
 

ワクメで見つけた30代人妻との出会い

ワクメは1日1回、掲示板投稿が無料。
週に1~2回は欠かさず投稿していました。

しかし、待てど暮らせど良い出会いに巡り会えず。

都合の良い出会いなんて、そうそうないのかな~なんて思っていたある日。

ワクメから新着メッセージのお知らせが!

メッセージをくれたのは…

  • 32歳の専業主婦。大阪在住。
  • 実家が京都にあり、用事があってよく来ている。
  • 最近、出会い系を始めたばかりで気分転換したい時に使っている。

メッセージは食事へのお誘い。

「一回りも年上のおばさんでもよかったら、これから食事に付き合ってくれませんか?」

どうやら人妻は京都市内にいるようで、大阪に戻る前に適当にご飯を食べてから帰ろうと思ったものの。

誰かと話がしたかったので、ワクメで相手を探していた…と。

自分もちょうど暇だったので、ベストタイミングです。

そのまま待ち合わせの約束をして、指定された河原町の「からふね屋珈琲店」に向かいます。

店につく直前にメッセージを送ると、ちょうど彼女も到着したタイミングだったらしく。

「店の前で待っています」

というメッセージと一緒に、目印になる服装を教えてくれました。

駐輪場に自転車を停めて店まで急いで行くと、約束の女性がスマホをいじりながら立っていました。

見た目…はオバサンというよりも、普通のお姉さんという感じ。
木南晴夏」をさらに普通にしたというべきか…

女優の木南晴夏
女優の木南晴夏さん

 
「おまたせしました。○○です。××さんですか?」

「こんにちは。こんなおばさんだけどいいかな?…ってご飯だけやけど(笑)」

「いえいえ、そんな事ないですよ。誘って貰えて嬉しいです」

「じゃあ、入りましょう」

 
この日は、珈琲を飲みながら軽食と世間話のみ。

期待していた「出会ってその日にエッチ」というのはありませんでしたが…

ワクメを使えば普通の主婦との出会いが実際にある…という事がわかったのは大きな収穫です。

この時にLINEも交換。
とりあえず、メル友&メシ友からスタートしました。
 

大学生とエロすぎる人妻の、秘密のデート

空き時間にLINE交換をしていくうちに、徐々に距離感が縮まってきました。

彼女も年下の大学生と秘密のデートをしているのが楽しいらしく、京都に来るたびに食事をしに行くように。

平均して月に2~3回のペースなので、お互いに負担も無くていい感じです。

年が離れているとはいえ、男女が頻繁に会っていれば自然と意識はしてしまいます。

その上、2人の出会いはワクメ。
興味が無い…と言っても説得力はありません(笑)
 

「今日、時間あったらちょっと家に寄っていかない?」

「え~、変な事したらあかんよ。うち、旦那も子供もおるんやで」

「ん~、じゃあ、我慢する!」

「ちゃんと我慢してな。ホント、お茶飲んで行くだけやで(笑)」
 

自分の下宿先は、河原町駅近くにあるオンボロの格安アパート。
まさに学生の下宿先って感じの建物です。

平日の夕方に人妻を連れ込んで…
そう考えると、AVでイメトレをしていた世界が現実のものに…

女性経験が無いわけではありませんが、興奮と緊張が抑えきれずにちょっと震えてしまいました(笑)
 

「何、そんなに緊張してるん?(笑)」

「…いや、やっぱりその…、アパートに女の子入れた事なくて…」

「女の子って歳でもないやろ?でも、そう言ってくれたら嬉しいな…」

「え…ちょっ…そんな事したら我慢でき…」

 
我慢をしろ、と言っていた本人からの不意打ちキス!

一瞬で我慢の限界点を突破しました。
そのままベッドに押し倒し服を脱ぎ捨てると、彼女も下着姿に…

こうなったらイメトレもクソもありません。
勢いのまま、彼女を貪るように抱きしめます。

年上の人妻は思ったより刺激が強く、同世代の子には無いエロさがありました。

柔らかい肌の感触も、舌を絡ませるようにしてくるキスも自分には刺激が強すぎです。

人妻を自宅に連れ込みセックス

我慢が出来ず正常位で挿入しようとすると…

「なぁ、ゴムはちゃんとするのがルールやで…」

「…あ、でも、こうなると思ってなかったから買ってきてないし…」

「もう、しゃあないなぁ…」

そのままチンコをパクッと咥え、口の中でフィニッシュ。

完全に骨抜きにされてしまいました。
 

30代人妻セフレゲット!濃厚セックス三昧の日々

その日を境にセフレの関係に発展。

完全に彼女の魅力にハマってしまい、自分も大阪まで彼女に会いに行くように。

阪急京都線を使えば、梅田まで1時間かからないので全然余裕です。

人妻セフレとのLINEやり取り

 
彼女は専業主婦だったので、旦那さんと子供がいない平日の昼間なら基本的に自由。

授業が無い平日は大阪に行き、食事や買い物デートを楽しみました。

さすがに家に行くわけにはいかないので…
梅田からほど近い「ホテルマンハッタン」で、平日昼間の密会デート。

相変わらず彼女も、京都に来るついでに下宿先に寄ってくれます。
平均すると月に5~6回のペースでセックスをしている感じです。

最初は彼女のペースでしたが、徐々に主導権がこちらに移ってきました。

セックスの回数も増えれば、お互いに気持ちの良いところもわかってきます。

特に脇から横腹のラインに性感帯があるようで、ちょっと触っただけでも敏感に反応するようになってきました。
 

「なぁ…、メッチャ上手くなってない?敏感なところばっか触ってくるやん」

「若い大学生にセックス教えてくれた先生が優秀だったんじゃない?」

「確かに私好みになってきたわ。主人は構ってくれへんし…。気分転換も大事やしね」

京都の30代人妻にバックで挿入

付き合い始め(?)は正常位ぐらいしか出来なかった自分も、徐々に座位や騎乗位、後背位もスムーズにできるようになり。

テクニック的にも上達した…のかな?と。

まぁ別の男性と比べる機会も無いのでわかりませんが。
 

人妻の刺激的なセックスには適わない

人妻セフレとのデートやセックスは、確実に自分のスキルアップに繋がっていたようで。

先日、合コンで一緒になった女子大生をお持ち帰りした時なんか、自分でもびっくりするくらいスムーズなエスコートでホテルへ誘うことができました。

ベッドの中では完全に自分がリードし、女子大生は喘ぎっぱなし。

「こんなの初めて」

エロ漫画に出てきそうな一言も、初めて生で聞きました(笑)

…とはいえ、自分は満足したかと言われると…スミマセン^^;

完全に人妻との刺激の強いセックスに慣れてしまったようで、今から将来がちょっと心配です(笑)

30代人妻をセフレにできたサイト→ワクワクメール