出会い系の痴女に強制射精させられた東京出張体験談w

東京で出会った痴女とメッセージ

こんにちは、ヤッシーです。

「旅の恥はかき捨て」という言葉があります。

旅行先や出張先など、普段と違った場所での振る舞い。
誰しも、少し大胆になるのではないでしょうか。

かく言う私も、先日東京に出張に行った際、いつもと違ったセックスをしてみたくなり…。
思い切って、出会い系を使って新境地を開拓してみることにしました。

新境地とは、ズバリ痴女との出会い。

私、痴女って嫌いじゃないんです。

乳首やアナルを舐められる、イッた後に手コキで散々いじめられる。
はたまた顔面騎乗でクンニさせられる…。

私としては望むところです。

ただ、キャラの濃い痴女を出会い系で探すとなると…
まともな女性なんていないのでは?という先入観があるのも事実。

しかし、そんな悶々とした思いも吹き飛ばしてくれるのが「出張パワー」。

当然仕事で行くわけですが、それだけでは面白くありません。

ぜひとも東京で、非日常的なシチュエーションでご当地セックスを味わいたいものです。

というわけで、行きの新幹線の中では仕事そっちのけで痴女との出会いを模索します。
 

マゾ奴隷募集中?出会い系で見つけた女王様系痴女

今回の出張内容は、夜の懇親会と翌日午前中の打ち合わせのみという楽勝コース。
つまり翌日の午後は予定ガラ空きというわけです。

平日午後の時間帯ということで、ターゲットとなる痴女は人妻や主婦層。

ちょうどハッピーメールのメッセージ無料チケットが届いたので、ハピメを使うことにしました。

出張の拠点は築地近辺。
痴女との出会いを求めて、東京南部から千葉西部あたりのエリアで検索します。

すると比較的早い段階で検索にヒットしたのが、30代後半の熟女系人妻の優さん。

ハッピーメールで探した熟女のプロフィール

船橋ってどこ?って初めは思いましたが、東京から電車で25分くらいらしく。
大阪と神戸の距離くらいならアリかな?と納得しました。

さらにプロフィールを読み進めていくと、これまた痴女的な書き込みが。

ハッピーメールで探した熟女の自己紹介
「メールで調教するのが大好きないけない人妻です。」
「アソコの毛はツルツルにしてマゾ奴隷として調教してあげる。」

 
結構…キャラがとんがってますよね(笑)
最初見たときは、レズSMの相手を募集しているのかと思ってしまいました。

しかもメールで調教なので、実際の出会いは求めていないのかも?と思ってスルーしていると…

しばらくして彼女から「いいね」が送られてきてビックリ。

どうも私の足あとを見て「いいね」してくれたようです。
要は実際に会いたいってこと!?

なので私もお礼がてら、「良ければ会いませんか」的なメッセージを送ってみます。
これがまたまんざらでもない様子。

しかも彼女の方から「明日あたりどう?」と送ってくるほど。
どう見ても、かなり溜まってるご様子です。

ハッピーメールで探した熟女とメッセージ

 

出会い系で肉食系痴女人妻ゲット!

プロフィールを見る限り、完全に肉食系痴女の彼女。

ソフトな口調でありながら、具体的に場所や時間を指定してきます。

それでいて見返りをほのめかさず、確実に話を進めてくる感じが新鮮でした。

それが、彼女が素人である証拠。
迷わず彼女に決めました。

しかし関西人の私には全く土地勘がありません。
京葉線沿線って言われても、よくわからないんですよね。

なので、彼女の提案にのって京葉線の市川塩浜駅で待ち合わせることに。
後で知りましたが、ちょうど船橋と東京の間くらいだったんですね。

待ち合わせは翌日の14時。
そうこうしているうちに新幹線も東京に着き、築地のホテルにチェックインの後、懇親会に出席。

翌日の人妻痴女とのプレイを思い描きながら、ほろ酔いでホテルに帰還します。

帰り道に通りがかった築地本願寺がライトアップされていて、とても美しかったのですが…
性欲という煩悩に侵された私。

結局、ホテルの有料放送で軽くオナってしまいました(笑)

築地本願寺のライトアップ

 

初対面からエロ全開!東京の痴女との出会い

さて翌日。
午前中の打ち合わせも滞りなく終わり、例の市川塩浜駅に向かいます。

ディズニーランドにもほど近く、倉庫や工場が集まるエリアのその駅はもちろん初めて。

降りてみると駅前すぐにラブホが立ち並んでいて、ある意味でとても便利な駅だなぁと(笑)

そして、待ち合わせも一目瞭然。
平日の昼は人通りもまばらなので、それっぽい女性といえば彼女ただ一人でした。

サイトのプロフィール項目のうち、スタイルやセクシー度は★5つを付けている彼女。

もしや自信過剰でイタイ女性か?とも思いましたが…
実際会ってみると、確かになかなかのルックスです。

長身でツヤのあるロングヘアを束ねている様子は、「栗山千明」を全体的にふっくらさせた感じ。

ミドルスカートにふんわりブラウスというファッションで、一見フェミニンな印象。

しかしこれが後に強烈な痴女に豹変するわけですから、出会い系はやめられません(笑)

「優さん?初めまして!」
「ヤッシーさんでしょ?そうだと思ってた~」

初対面から微妙な上から目線!

やっぱSキャラなのかな?などと思いつつ、彼女の性格をつかみきれないまますぐ目の前のホテルへ。

私がちょっと緊張しているのを見越したらしい彼女。
エレベーターの中で、いたずっらぽくこんなセリフを。

「ちゃんといっぱい出せるかなぁ~?」
(なるほど、これが東京の痴女か…)

私はもう恥も外聞も捨て、M男と化すことにしました。

そして優さんに、精子を一滴残らず搾り取られるまで楽しんでしまおう…と心に決めました。
 

やっぱり痴女はエロ過ぎる!人妻熟女と濃厚セックス

部屋に入ると、いきなりの熱いキス。
舌を絡めながらスラックス越しにチンポをさすり出す彼女。

あっという間にフル勃起状態です。

そのまま攻められたので、チンポの興奮もステージ3ぐらいに。
すると彼女、にっこり微笑んだかと思うと。

「じゃ、シャワーしよっか。」

唐突にバスルームへ移動。
まさにこれ、お預け状態です。

初っ端から完全に彼女のペースにはまってしまいました。

東京の痴女とシャワー

シャワーでは、洗ってくれたりフェラしてくれたり。
優さんという名前通りに、優しくイチャイチャしてくれたのですが…

ベッドに戻ると、完全に痴女スイッチが入ります。

シックスナインでは私の顔にまたがって、クンニさせながらジュボジュボとフェラ。

彼女は気持ち良かったのか、私の鼻にオマンコをぐいぐい押し付けてきます。
顔中がべちょべちょになってしまいました。

私がフェラでイきそうになっていると、

「まずは、ちゃんと中でイってよね。」

自ら腰にまたがってきて騎乗位で挿入。

激しく腰をグラインドさせて感じたいようです。

そのうち、私がまたもやイきそうになってしまったので…
騎上位は許してもらって体位を変え、正常位に。

オマンコを広げてチンポを迎え入れる様子は痴女そのものでした。

オマンコを広げてチンポを迎え入れる痴女
「イヤらしい写真ばっか撮って、どうせまたオナニーするんでしょ~」

うっすらディスりつつも恍惚の表情の彼女。
私は、不意にさっきの「まずは」という彼女の言葉が頭をよぎりましたが、もう我慢の限界。

大量にゴム出ししてしまいました。
 

激エロな人妻痴女の性欲は底なしだった

しばらく射精の余韻に浸っていると、おもむろに彼女がチンポをサワサワ。

そして、射精後の萎えたチンポをパクリ。

マジか…

痴女のフェラチオ

イッた後はまだくすぐったい状態でしたが、絶妙のフェラテクで再度硬さを取り戻すチンポ。

しかも手コキしつつ、同時に乳首舐め攻撃を仕掛けてくるではありませんか!

さっきとはまた別の気持ち良さ…
1発目以上の快感がカラダ中を駆け巡ります。

これが強制射精の気持ち良さなのか~、と悶えているうちにドクドクッとフィニッシュ。

まだこんなに精子が残ってたんですね…

痴女の手コキで強制射精
「うわ~、いっぱい出た、ほんっとイヤらしいよね~」

精子を私に塗りたくる彼女。

「いやはや、あなたこそエロいっすよ。」

そう言いたくなる気分ですが、ただカラダをピクつかせるのみ(笑)

乱れた息を整えるのにしばらく時間がかかってしまいました。
 

出会い系の痴女とのセックスに大満足

そんなこんなで、大満足の東京出張。

すべてが終わり部屋を出て別れる頃には、彼女も優しい痴女に戻っていました。

出会い系サイトのおかげで、忘れられない痴女体験になったことは言うまでもありません。

淫乱痴女人妻との出会い、癖になりそうです(笑)

肉食系人妻と騎乗位セックス体験談も併せてどうぞ。