出会い系の地雷女に遭遇wデブスながらもマンコの締まりはまずまず

出会い系の地雷女に遭遇wデブスながらもマンコの締まりはまずまず

 
ヤッシーです。
皆さんは「燃える闘魂」と聞いて何を思い浮かべますか?
 
そうです、あの名プロレスラー、アントニオ猪木ですよね。
数多くの逆境をものともせずに、何事にも勇敢に立ち向かう姿は、今もなお人々の心を打ってやみません。
 
そんな彼にならって、私も先日、絶大なる勇気と覚悟を持って、ある一戦を交えてきました。
その相手とは…
 

イククルで京都の若妻探し

それは数週間前のこと。
不動産関連会社に勤める私は、物件を視察しに京都へ出向くこととなりました。
 
普段の勤務地は神戸ですので、京都に足を運ぶといってもさほど大したことではありません。
 
その日は直帰しても構わないということだったので、さっと仕事を終わらせてちょっと遊んで帰ってやろうと、前々日から計画を立てていました。
 
そこでお世話になったのが、出会い系サイトのイククル
 
3,000円分のポイントを買えば、6,000円分のポイントがゲットできるというキャンペーンをやっているので、思い切って3,000円分を購入してみました。
 

イククルでキャンペーン購入

 
すると、当たり前ですが私の所持ポイントは600ポイント以上に。
まるで成金になったかのような気分で、潤沢なポイントを武器にさっそく女性を探しまわりました。
 
でも、そんな時に限ってなかなか理想的な女性には巡り会わないもんなんですよね…
 
平日の午後にサクッとエッチできるような人妻を狙って、京都エリアの主婦層にアプローチしてみたのですが、思いのほか食いつきが悪く苦戦が続きます。
 
そんな中、粘り強く検索&メッセージ送信を続けていると、1人の女性が反応を示してくれました。
 
プロフィール的には私好みの感じで、しかも25歳の巨乳若妻とのこと。
おのずと私の胸も高まります。
 

イククルのプロフィール

 
ただ、1つ気になることといえば、サイトのハンドルネームです。
 
というのも、漢字4文字の後にになぜか「w」が付いてるんです。
例えば、実際の名前とは違いますが、「久本雅美w」(仮)といった具合に、最後に「w」が…。
 
些細なことではあるんですが、経験上、こういう名前の人はめんどくさいタイプのことが多くて、若干の警戒要素でした。
 
あと、スリーサイズのヒミツっていうのも気になるところ。
 
しかも実際にちょっとメッセージをやりとりしてみると、写真を要求してきたり、ゴムをつけるかどうか執拗に確かめてきたりと、やはりなんとなくヒトクセありそうな女性でした。
 

イククルでのやり取り

 
なので、約束には即答せずに翌日までキープ状態にしておいて他の女性を探してみるなど、多少姑息な手を使って悪あがきをしてみました。
 
特に今回は時間の関係もあって、人妻をじっくりたっぷり楽しむというよりは、パクパクッと食べてしまいたい、というような気分だったんです。
 
いくら巨乳の若妻であれ、あまりめんどくさい人とは絡みたくないというのが正直なところ…
 
しかし、希望の金曜日について他の女性の反応は激シブで、「オレは京都の女性とは相性が悪いのか?」とまで思ってしまうほどでした。
 
そうして翌日まで引っ張っていたのですが、いくら粘ってもうまくいかなそうだったので、結局仕方なく、例の久本雅美wさんに決めることに。
 
そもそも、私は結構ストライクゾーンが広いので、多少のボール球でもバットにミートさせることができると自分では思っていました。
 
なので、今回もきっと大丈夫だろうと見越して彼女と約束。
 
翌日金曜日の午後に、京都市営地下鉄の竹田駅で待ち合わせることになりました。
 

京都で決戦の金曜日

約束当日は、午前中の物件視察があっさり終わったので、ゆっくり昼食を食べてもなお余裕のスケジュール。
少し早めに待ち合わせ場所に着いたので、駅前のロータリーで待機していました。
 
地下鉄の駅なのに地上にあって、ちょっとした郊外感が漂う駅。
私は来たるべき敵を迎え撃つべく車内で精神統一を図ります。
 
それはまるで、モハメド・アリとの世紀の一戦を前にしたアントニオ猪木のよう。
猪木ボンバイエの曲が頭の中でループしていました。
 
そんな中、約束の時間に現れたのは、出ました…
 
完全なる地雷女
 
言葉は悪いですが、デブやブスとはこの女性のためにある言葉じゃないか、と思うほどのインパクト。
 
カンニング竹山のようでもあり、森永卓郎のようでもある女性でした。
 
一瞬、私は血の気が引いていくような感覚に包まれましたが、もうその時は、脳内に流れる猪木ボンバイエのメロディを心の拠り所にするしかありません。
 
マンコですか~~っ!!
 
私は猪木のように叫んでしまいそうになるほどに気が動転していましたが、心の中で彼の言葉をにならって自分にこう言い聞かせました。
 
マンコがあれば、何でもできる!!
 
この言葉を信じて彼女を車に招き入れることに。
 
というか、もうその時点ではこっちに気付いていて、むしろ自分から乗ってこようとする勢いでした。
しかもちょっと天然キャラも入っているようで、
 
「ヤッシーさんは出会い系よくやらはるん~?」
 
と京都弁で尋ねてくる彼女。
私は必要最低限の答えで応じますが、あまりにそっけないのもどうかと思ったので、「雅美wさんは?」と聞き返すと、
 
「夫にうっふんが溜まった時に出会い系するねん」
 
とのこと。
その後も何度聞いても鬱憤のことを本気で「うっふん」って言うてました。
もうそれだけで正直、笑えてきてお腹いっぱいです。
 
移動はラブホ街まで車で2~3分の距離だったので本当に助かりました。
それ以上長く密閉空間に2人っきりでいたら、こっちがおかしくなってきそうなほど。
 

京都のラブホ街へ移動

 

果たしてそんな地雷女でも勃起するのか!?

そんな感じでキャラ・ビジュアル共に強烈な雅美wさんだったので、ホテルに着いてからは、とっとと行為を済ませようとする私。
部屋に入れば、すぐにシャワーを浴びさせ、やることをやってしまいたかったわけです。
 
でも、シャワーを浴びて洗面台の前に立つ彼女を見てみると、やはりそこは25歳の若妻。
肌には結構なハリと潤いがありました。
 

地雷女がセッティング中

 
あ、これ、俺結構いけるのでは?と少し明るい気持ちにもなりましたが、彼女をベッドに寝かせてみるとなかなか厳しいものがありました。
 
プロフィールに書いてあった巨乳というのも、巨体の書き間違いではないかとさえ疑ってしまうほど。
私の股間もこれでは、燃える闘魂どころか萎える男根です。
 

地雷女のぽちゃオッパイ

 
しかし、不思議なことに彼女の肌を触っていると、ムクムクっとチンポが反応してきたんです。
 
やはり若さってひとつの魅力の要素なんだな、と改めて実感しました。
そして、チンポが萎えないうちに速やかに挿入。
 
タイミングを逃すと、このデブスを前に勃起する機会は訪れないかもしれないので、濡れていようがいまいがブスっと突き刺してやりました。
 

地雷女と正常位

 

意外に締まりのいいマンコでびっくり

彼女のマンコは入口がキュッと締まっているという、いわゆる巾着型マンコ。
これがまた思いのほかイイ仕事をするマンコで驚きでした。
 
あまりの気持ち良さに自然と腰が動いてしまう私。
 
私はただひたすら、彼女相手に射精することのみを目指して気持ちを集中させていきましたが、さすがに腹の出たカンニング竹山の顔が快感で歪んでいく様子は見るに耐えません。
なので作戦を変更し、早々にバックの体勢で突きまくることにしました。
 
実は私、バックの体勢には弱く、すぐイキそうになってしまうのですが、今回は彼女のデブス具合のおかげで興奮も適度にコントロールできて、存分にピストンを楽しむことができました。
 

地雷女バックでピストン

 
バックで喘ぎ乱れる後ろ姿だけを見ていると、そこそこきれいに見えてくるからこれまた不思議なんです。
若妻のプリンとしたケツも結構そそるんですよね。
 
ただやはり、もう正常位には戻ることなくそのままフィニッシュすることにしました(笑)。
 
知らない方がいい現実も世の中にはあるってことですね。
 
彼女も、バックでガンガン突かれたのが興奮したのか相当感じていたようで、終わった後はうっすら汗を浮かべて伏せたまましばらく息を整えていました。
 
そんなこんなでラブホ滞在時間は1時間40分。
これまで出会い系でエッチした中では最短コースかもしれません。
 
間違いなく地雷女ではありましたが、マンコの締まり具合と所要時間からすると、案外そこそこのコスパだったのでは?と自分を納得させながら古都をあとにしました。
 
人妻熟女とエッチするなら→人妻熟女の出会い