田舎の熟女とセックス!ピシマでセフレにできた体験談

田舎熟女のアナルとオマンコ

最近、ゴルフを始めたヨッシーです。

以前からゴルフには社内の付き合いで誘われていましたが、休みの日に早起きする気になれず…。

しかし実際にやってみると、下手くそなりに気分転換にもなるし、運動不足解消になっていいですね。

普段行かないところに行くキッカケにもなり、なかなかいい趣味を見つけました。

今回はゴルフを始めた結果、田舎熟女のセフレをゲットできた体験談をお話しします。
 

PCMAXで見つけた、千葉の田舎町に住む人妻熟女との出会い

私は実はゴルフよりも、ゴルフ場のある千葉の「上総(かずさ)地区」に興味があったんです。

この近くには、PCMAXで知り合ったメル友の主婦がいまして。

近くに来る事があれば会いたいです」という話になっていました。

知り合ったきっかけは、彼女が投稿していた「メル友募集」を見てメッセージを送ってから。

その時の内容は…

  • 旦那の家を継ぐため、東京から市原市の山の中へ引っ越してきた
  • 慣れない田舎暮らしや近くに友達がいないため、ストレスが溜まる
  • 遊びに行きたいけど、東京まで電車で往復4時間以上かかるので気軽に出かけられない

田舎暮らしものんびりしていて羨ましいなぁ…
と思いますが、苦手な人には逆に苦痛になるようですね。

確かに刺激も無いし、人間関係も町内会ぐらい。
同じ顔ばかりでは息が詰まるでしょう。

メッセージを送ると翌日には返信があり、空いた時間がある時にメールを交換する仲に。

私も単身赴任の一人暮らしで暇をしていたし、会話も弾みました。

PCMAXで田舎の人妻とやり取り

もしヨッシーさんが近くまで来ることがあったら、デートに誘ってくれると嬉しいな^^

 
しかし彼女の住まいは、房総半島の真ん中にある山郷。
なかなか行く機会はありません。

そんな時、上司から「ヨッシー、ゴルフ行ってみないか?市原のコースなんだけど」と声をかけられて、つい飛びついてしまった訳です(笑)
 

欲求不満な人妻熟女と、社内ゴルフの合間に会うことに

社内でのゴルフは、主にハーフラウンド。
午前中だけゴルフをして、午後は各自自由…というのが定番です。

そのままラウンドをする人もいれば、温泉に行ったり美味いものを食べに行く人、早めに帰って風俗に寄り道する人も。

つまり、みんなゴルフを口実に自由時間を確保しているわけですね(笑)

目的地の「南市原ゴルフクラブ」はアクアラインを使えば都心から1時間程度。

午前中にゴルフをして、みんなで昼食を食べても午後は丸々自由時間。

多少遅くなっても、渋滞に巻き込まれなければその日のうちに自宅に戻れます。

唯一気になった事が、市原に行ける日が土曜日に限定される事。

彼女の都合が合わないと会えないな、と思いメールを送ると…

千葉の田舎で人妻熟女と待ち合わせの約束

土曜日だったら、夕方までに帰れれば大丈夫かな?
旦那も仕事だし、両親も出かけてる時間だから…。
最近、欲求不満だったし、構ってくれると嬉しいです。

 
まさかの快諾。
しかも完全にやる気モード全開です(笑)

条件付きの割り切りかな?という感じもしましたが、具体的な話も出なかったので待ち合わせ場所を決めました。

指定された場所は「おおたきショッピングプラザ」の駐車場。

彼女の家からは離れているようでしたが、車を停めておいても目立たないとのこと。

さらに普段から買い物に来ているので、万が一誰かにみられても誤魔化せる…と。

結構遊び慣れている感じもあったので、その辺はお任せする事にしました。
 

遊び慣れた田舎の熟女とホテルに向かう

約束の当日、早起きしてゴルフ場へ。
午前中は仕事仲間と冗談話で盛り上がり、昼食前にプレーを終了して解散。

13時過ぎに待ち合わせ場所に到着しました。

メッセージを送ると「すぐに行きますね」と返事がありました。
どうやら先に到着していたようです。

5分ほど待っていると、助手席の窓をノックする音がしました。

「こんにちは。ヨッシーさんですか?」
「はじめまして…って気もしませんが(笑)
○○さんですね。どうぞ、乗ってください」
「優しそうな人でよかったです。よろしくお願いします」
「では、どこに行きましょうか…。
と、今更ですけど条件とかってありました?慣れてる感じなので…」
「そんなの無いですよ(笑)結婚前は時々遊んでいたので…。
あ、駐車場を出たら右に曲がって下さい。大多喜街道を進んで…」

 
元々、遊び慣れた人…って事だったんですね。

もしかしたら一番のストレスって、「自由に出会いができなくなった生活」なのかも…とか思ってみたり(笑)

見た目は元モー娘の「中澤裕子」をふっくらさせた感じ。

元モー娘の中澤裕子
元モー娘の中澤裕子さん

本人も「痩せていた頃は似てるとよく言われた」と。

それにしても、ふっくらし過ぎだけど…。
本人曰く、田舎に引っ越してきてからやる事がなくて間食が増えてしまった…そうです。

世間話と独身時代の武勇伝(?)で盛り上がりながら、彼女の案内で「ホテル・レインボー」を目指します。

何も無い山道をしばらく走ると、右手に時代を感じる看板が。

ラブホテルというより、田舎の山荘のような印象でした。
 

田舎熟女と、お兄ちゃんプレイセックス

部屋に入ると、思っていたより綺麗で(失礼w)雰囲気は悪くありません。

彼女も久々の自由時間が嬉しいようで、ずっとニコニコしています。

「ねぇ、ちゅーしていい?」
「何?その高校生みたいなフレーズは?どうぞ(笑)」
「やった~、ぎゅ~もして~♪」

 
甘えん坊タイプだったみたいで、子供のようにじゃれついてきました。

しばらくの間、高校生カップルのような「ちゅーとぎゅ~」をしながらイチャイチャと。

すると何かのスイッチが入ったようで「お兄ちゃん」と呼び方が代わり、目つきもエロモードに。

今までそっちの趣味はなかったんだけどな…と最初は思っていましたが、気がついたら完全に彼女のペース。

自分もついついお兄ちゃんを演じてしまいました。

人妻熟女の豊満な下着姿

フェラをさせようと口元にチンコを当てた時。

「これ、舐めてくれたらお兄ちゃん嬉しいなぁ」

とか自然に言ってる自分がちょっと恥ずかしかったですが…。

妹プレイな割に、彼女も積極的でフェラテクも最高でした。

「お兄ちゃんの飲みたい…」

うっとりとした表情でそう言われ、そのまま口の中へ。

性液で汚れた口元が妙に色っぽく、そのまま押し倒して正常位で生挿入。

彼女も嫌がる様子が無かったので、安全な日だったのかな?

締まりも悪くありません。

連続2回目でしたが、今までに無いシュチュエーションに興奮しっぱなしでした。

人妻熟女のアナルとオマンコ

 

意外と近場の千葉で、人妻セフレゲット

東京と千葉なのでそんなに離れていないかな?と思っていましたが、市原は思っていたより遠い場所でした。

高速を使えば1時間程度ですが、頻繁に通うにはちょっと厳しいです。

1~2ヶ月に1回会うぐらいの、ゆるいセフレという関係に落ち着きました。

彼女も頻繁に出かけると家族に怪しまれたり近所の目もあるので、ちょうどよかったみたいです。

今ではゴルフ会に合わせて、気分転換のデートをするのが定番に。
彼女も、旦那さんには隠している性癖を出せるセフレが見つかり満足しているようです。

しかし、40歳過ぎたおっさんに「お兄ちゃん」か…。
冷静に考えると笑っちゃいますが、10歳近く離れていればアリよりのアリかな?と。

セックス後に「よしよし」と頭を撫でてあげると彼女も満足そうなので、OKという事にしておきます(笑)

お兄ちゃんプレイ好きな主婦と会えたサイト→PCMAX