掲載している記事の一部に広告を含みます

熟女とLINEするコツ!盛り上がる話題を熟女が教えます

熟女とLINEするコツ!盛り上がる話題を熟女が教えます
「熟女とのLINEって、どんな話題が盛り上がる?」
「どんなLINEをすれば、熟女をデートに誘える?」

熟女とのLINE、何を話せばいいか悩みますよね。

若い女の子とは違い、熟女は話題が少なめ。
あなたから話題を提供しないと、すぐにLINEが途切れます。

ここでは熟女とのLINEを盛り上げる話題やコツを、女性の立場から解説します。

エッチに繋がる下ネタLINEの送り方も教えるので、参考にしてください。

デートに誘うまでは、LINEが途切れないよう話題を提供し続けましょう。

熟女とのLINEが盛り上がる話題

私のLINEを参考に、おばさんが喜ぶ話題を覚えてください。

返しやすい文章を送ることが大事です。
 

今日のできごと

熟女が相手の場合、意味のない日常会話が有効です。

「くだらないこと報告するの可愛い!」
「私と話したいのかな?嬉しいな。」

そう思うからです。

できるだけ意味のない会話をしよう

熟女は日常会話にキュンとする

日常会話は返しやすいのも嬉しいところ。

食事に関する話題なら、デートにも繋げやすいですよ。

相手の飲食の好みを知っておくと、話が広がります。

テレビや映画の話

おばさんは、テレビや映画・ドラマが好きです。

ラブロマンス系の作品の話題を出すと、トークが恋愛モードに。

流行りのドラマは押さえておこう

流行りのドラマは押さえておくべき


人妻熟女は、恋バナが好きですよ。

好きな作品を聞いて、同じものを見ましょう。
見るのが面倒なら、まとめサイトで情報だけ仕入れてもOK(笑)

恋愛トークでドキドキさせれば、あなたとのLINEでドキドキしてると錯覚させられます。
 

習い事の話

暇つぶしに、習い事をする熟女は多いです。

習い事では、毎回新しいことを教えてもらいます。
新しい知識は、誰かに披露したくなるもの。

相手の習い事に触れれば、自分に関心があると思わせることができる

おばさんは、人に教えることが大好き

「教わりたい」

そう伝えれば、熟女は喜んでLINEをしてくれます!

おばさんは相手の相談に乗ったり、教えてあげることが大好きですからね。

熟女が前に話していたこと

熟女が以前話していたことは、定期的に話題に出しましょう。

直接話したことでも、LINEで話したことでもOK。

「私の話を覚えていてくれてる」

そう思うと嬉しいんですよ。

 

熟女の話はしっかり覚えておこう

熟女の話はしっかり覚えておこう

こんな感じでデートに誘われたら、その気がなくても行ってしまいます。
 

フェチの話

熟女とエロい話がしたいなら、フェチの話をしましょう。

フェチと言っても、露骨なエロトークはNG!
がっついてて気持ち悪いと思われちゃいます。

以下のような、ソフトなフェチトークだと下品にならないですよ。

  • 眼鏡フェチ
  • スーツフェチ
  • 機械フェチ
  • 方言フェチ
  • 制服フェチ

私は以前、出会い系の男性とこんな感じのフェチトークをして盛り上がりました!

おばさんは猫や動物が大好き

可愛いフェチ話は好感度大

相手のフェチに共感すると、話が盛り上がります。

最初はソフトな話題にして、少しずつエロトークに繋げてくださいね。
 

「SかMか?」について

SかMかの話題も、出しやすい下ネタです。

ライトなSMトークを心がけよう

ライトなSMトークを心がけよう

LINEでSかMかの話をしておくと、デートでの会話でも役立ちます。

「いじられても喜ぶだけですよ!
僕LINEでも言いましたけど、Mなんで!」
「〇〇さん可愛いから、意地悪したくなっちゃいます。
僕Sだから(笑)」

良い雰囲気になったら、エロいSMトークに持ち込みましょう。

「S(M)の〇〇さん、見てみたいな…」

これで簡単に落とせます。
 

恋愛話からエロトークへ

恋愛話からスタートすると、自然にエッチな話へ繋げられます。

恋バナでおばさんの心をつかもう

恋バナでおばさんの心をつかもう

相談ベースなら、熟女は無視できません。
捏造話でもいいんですよ(笑)

男の子とエロいLINEをして、エッチな気分にならない熟女はいませんよ。

こんなLineがくると、ついつい男性とのエッチを想像しながら返信しちゃいますね。

熟女とのLINEでNGな話題

熟女とのLINEで、以下の2つの話題は絶対に避けましょう。

こちらも実例を見ながら解説します。
 

年齢差を感じさせる話題

若い男の子とLineしていると、ありがちなのがこんな話題。

「生まれていない」はおばさんが傷つく

年齢差アピールは女性を興ざめさせる

熟女とのLINEで、年齢差をアピールするのはNGです!

「こんな若い子にドキドキして、恥ずかしい…」
「やっぱりおばさんだと思われてるのね…」
そう感じてしまうから。
年齢差を感じると、急に気持ちが冷めてしまいます。
学生時代の話も、ジェネレーションギャップがあるので避けた方が賢明です

具体的すぎる下ネタ

私は以前、こんなLineが来たので速攻ブロックしました。

熟女の性生活を掘り返すのはやめよう

具体的な下ネタは気持ち悪がられます

熟女世代は、露骨な下ネタに嫌悪感があります。

「失礼な人だな…」
「こんな人とは絶対に会いたくない」

そう思わせてしまったら、もうそこで会話は終わってしまいます。

プライベートを掘り下げるのも、嫌がりがち。
相手が自分から話すまで待ちましょう。

NGな下ネタは以下。

  • セックスなど具体的な単語を出す
  • 相手の性生活について聞く

熟女とのLINEを盛り上げるのに下ネタは有効ですが、慎重に扱うべき話題です。

熟女は意外と閉鎖的。嫌だなと思った相手とはもうLINEしません。

熟女とLINEするときのコツ

熟女はLINEが苦手な人も多いです。

スムーズにLINEを続けられるように、以下のテクニックを使ってください。
 

たくさん名前を呼ぶ

熟女になると、下の名前で呼ばれる機会はほとんどありません。

だから、名前を呼ばれるとキュンとします。
頻繁に名前を呼んであげましょう。

「〇〇さんは、今日何をしてたんですか?」
「〇〇さん!明日は仕事ですか?」

名前を呼ばれるとテンションが上がって、ついLINEを返したくなります。

デートでも、名前をたくさん呼んでください。
 

タメ口を織り交ぜる

熟女とのLINEは、敬語が基本です。

ですが、ずっと敬語では心の距離が縮まりません。
ある程度仲良くなったら、タメ口を織り交ぜましょう。

タメ口は相づちからはじめよう

タメ口は相づちからはじめよう

最初にタメ口を入れて、後は敬語でまとめると自然です。

セックス中は敬語だと違和感があるので、ホテルに行く前にタメ口に慣れておきましょう。
 

即レスを心がける

あなたの返事が遅い時の、熟女の気持ちはこちら。

「さっきのLINE、ウザかったかな…?」
「こんなおばさんとLINEしても楽しくないよね…」

基本的に、自分に自信がない熟女。
すぐマイナス思考になり、あなたと距離を置こうとします。

熟女からの返信が遅くても、あなたからは即レスを心がけてください。

返信が遅くなったら、「お返事遅れてすみません!」を忘れずに。
 

写真をたくさん送る

LINEの文面を考えるのが苦手な熟女には、写真を送ってあげましょう。

写真にコメントすれば良いだけなので、LINEを返しやすいからです。

あなたの日常が伝わり、親近感が増すので一石二鳥。

写真は会話が弾みやすい

写真は会話が弾みやすい

[熟女に送る写真の例]
・食事
・ペット
・景色

良い写真がないときは、ネットの面白画像を送っても良いですよ。
 

可愛いスタンプを送る

熟女は、LINEのスタンプが好きです。
私も可愛いスタンプを見つけたら、つい買ってしまいます。

「そのスタンプ、いいね!」

そう熟女が反応しそうなスタンプを使いましょう。

[熟女に人気のスタンプ]
・ちいかわ
・白うさぎさん&インコちゃん
・ぺんひな
・カナヘイ

熟女が新しいスタンプを使っていたら、「それ可愛いですね!」と言ってあげてください。
 

好意をストレートに伝える

熟女は鈍いので、好意や希望はハッキリ伝えましょう。

悪い例は以下。

来週、アクアパークで
イベントがあるんですよ!
へー
そうなんだ!

 
自分からデートに誘わなければ、すぐに会話は途切れます。
察してもらおうとはしないこと。

良い例は以下。

来週、アクアパークの
イベントに行きませんか?
うん!
いいよ!

 
男らしくキッパリ伝えることで、熟女からの好感度は高まります。

熟女の心を掴むには、ストレートに押してくださいね!

ホテルに誘うときも、遠まわしでは伝わりません。

まとめ

熟女の気持ちを盛り上げよう

熟女と楽しくLINEできたら、デートに誘うのは簡単です。

あなたから積極的にLINEして、熟女の恋する気持ちを盛り上げることが大事。
上手にエロ話も使いましょう。

エロいLINEで盛り上がっておくと、会った時にホテルへも誘いやすくなります。

狙った熟女を落とすためにも、Lineトークを盛り上げてくださいね!

コメントを書く(何でもどうぞ)

※コメントは手動承認となります。
すぐに公開されませんので、ご了承下さい。
書いた人:みゆき
サイトを運営しているアラサー人妻。派手でもなく地味でもない至って普通の主婦ですが、セフレとの関係を楽しんでいます。 人妻熟女との出会いのリアルをお伝えします。管理人の詳細はこちら