欲求不満なセックスレス主婦とヤレた話。人肌恋しい主婦は狙い目です

セックスレス主婦

なんでもそうですけど、頑張ったのに報われない…って辛いですよね。

「褒められる」の反対語は「叱られる」では無く「無関心」。

そんな話もあるぐらいです。

どんな些細なことでも、相手に興味を持つ事は人間関係を円滑に進める上でとても大事ですね。

人肌の恋しさは、人肌じゃないと埋められない

不倫や浮気をしておいて自分を正当化するつもりはありませんが…

パートナーが浮気行動を取ってしまうのは、連帯責任だと言っても過言じゃ無いと思います。

例え愛し合って結婚した相手とは言え、次第に軽く扱われるようになったり。

放ったらかしにされる事が増えたら、誰だって面白くはありません。

私的な事でスミマセンが、自分は地方から単身赴任で東京に来ている身。

たまの休みに時間をかけて自宅に帰った時に、部屋が散らかっている上に妻も子供も外出。

冷蔵庫に残り物の冷めた惣菜が置いてあるだけ…
そんな状況だったらモチベーションは上がりません。

愚痴っぽくなりましたが、自分が出会い系にハマった要因として、こういう環境だったのは大きいですね。

女性側も同じようなことが言えるみたいで。
単純にお小遣いが欲しいって人じゃなければ、自己承認欲求が強い人が多い傾向のような気がします。

砕けた言い方をすると、満たされないものがあって誰かに埋めてもらいたいって事です。

ワクワクメールは、そんな寂しがり屋の既婚者が相手を探すにはちょうど良い場所。

似たような境遇の人だと解り合えるのも早いし、お互いに優先事項もわかっているので余計な詮索もされません。

スマホが普及してなんでも手軽に済ませられるようになりましたが…

人肌の温もりだけは、代替えが効かないってことなんでしょうね。

毎月のように新規登録される女性会員の数を見ていると、そんな気もしてきます。

初々しい人妻をゲットしたいならタイミングとスピードが勝負!

新規登録者は「ちょっと遊んでみたい」ぐらいの軽い気持ちでワクメを始めた人も多いので、素人狙いで行くならオススメ。

遊び慣れてしまった人妻は、クセが強くて扱いが難しいですからね。

気が済んだら退会しちゃう人もいるので、初々しい人妻と美味しい思いがしたかったらスピード勝負です。

今回は新規登録者の既婚者を中心にプロフィールをチェックします。

すると、ピンとくる20代後半の主婦を発見。

早速メッセージを送ります。
(ピンと来るか否かは数をこなして経験を積むしか無いですが、次第になんとなくわかるようになりますw)

ワクメで20代後半の主婦

 

ワクメのプロフ

予感は的中して、翌日には返事があり直アド交換もスムーズに行きました。

世間話にも積極的で、旦那さんへの不満やガールズトークのノリでエロい話もして来ます。

これは会えばイケるな…という予感しかしませんでしたが、問題がここから。

登録は「東京」だったのに、住んでいるのは「千葉」

主婦のやりとり

某夢の国か!?って感じでしたね。
(千代田区はOL時代の勤め先だったそうです。)

しかも会えるのは平日限定で、可能なら昼間希望。

仕事の調整をすれば時間は作れなくは無いですが、正直厳しいかな…と思っていると

「最近、主人の気を引こうと思って新しい下着を買ったんだけど、ダメだったんですよね…」

主婦のやりとり

何とも美味しそうなワードが!

こういう「相手に喜んで貰いたくて頑張るタイプ」はセフレにするには最適。

自分も頑張って時間を作って、リクエストに応えようではありませんか(笑)

密会場所の定番は、ファミリー向けの大型商業施設

どうにか仕事の隙間で時間を作り、半休が取れたタイミングでやっと待ち合わせの約束を取り付けることに成功。

指定された場所が彼女の家の近く(?)にあるイオンモール。

主婦との待ち合わせは近くのイオンモール

場所を調べたら新宿から電車で1時間はかかるのでちょっと迷いましたが、中途半端にしていたら大怪我の元。

という事で、会社帰りに電車に揺られて千葉方面を目指しました。

稲毛駅

「イオンに着いたら連絡ください。車で行きますので…。」

そういう内容のメールを貰っていたので、そのまま近くのラブホへ行くってことでなんでしょう。

それにしても、イオンは不倫カップルの待ち合わせのためにあるんじゃ無いか?

そう思ってしまうぐらい、待ち合わせ率は高いですね(笑)

いい天気

待ち合わせ場所に着いてメールを送ると、すぐに返信がありましたが…

少し遅くなりそうな内容だったので軽食を食べながら待つことに。

イオンで食事

遅めの昼食を食べ終わり、一息ついた頃に「今、駐車場に着きました」と短いメッセージ。

慌てて会計を済ませて指定された場所に向かうと、青いセレナが停まっています。

様子を伺うように運転席を覗き込むと、小柄な女性がスマホをいじっているのがわかります。

軽くノックをして声をかけると、慌てたように窓を開け車の中に入るように言われました。

「あの…、人に見られるとアレなんで、とりあえず車を出してもいいですか?」

「あ、はい…。(というか問答無用)」

「す、すみません。なんか緊張しちゃって…。あはは…。こういうの初めてで…。」

「そうなんですね。それより、安全運転でお願いしますね。」

「そ、そうですね。じゃあ、あんまり時間も無いので…。えっと…。」

「ホテルですか?お任せしますよ。ってか、お任せするしか無いですよね(笑)」

「そ、そうですよね。す、すみません。」

うわ〜、テンパり方がめっちゃ可愛い!!!

素人感丸出しで一気にテンションが上がります。

しかも最初からホテルに向かって走ってくれているので、余計な手間もかかりません。

プロフには「KARAのスンヨン似」とありましたが…。
まぁ、似てなくはないかな?ぐらいですが、悪くはありません。

KARAのスンヨン

最初はちょっと面倒かなと思いましたが、今回の遠征は大成功の予感です♪

旦那専用のエロい下着を着たままハメる!背徳感は最高

ホテルに着き部屋に入ると、どうして良いかわからない様子で固まっています。

「あの…、やっぱり緊張しますね…。ヨッシーさんはこういうの慣れているんですか?」

「慣れている…ってほど遊んではいないけど、まぁ、何回かは。」(オイw)

「最初はどうすれば良いですかね?やっぱりシャワーかな?」

「じゃあ、こっちにきて…。エッチなことしにきたんでしょ?」

「え?そんないきなり…ん!」

気が変わらないうちに抱き寄せてキスをしながら押し倒しちゃいました♪

バタバタはしていますが嫌がっている様子もなく、むしろ舌を絡ませて来るような濃厚なキスをしてきます。

そのまま服を脱がせると、シンプルだけど品の良い青い下着でした。

せっかくなので、そのまま楽しませてもらおう…って事で、下着のままフェラ&シックスナインでウォーミングアップ。

主婦のフェラ

 

シックスナイン

次第に、むわっとした女性特有の匂いが部屋中に充満してくるのがわかります。

「これって、ホントは旦那さん用に買った下着なんでしょ?」

「い、いや…。今は主人のことは言わないでください。」

「いいね。そういうの興奮しちゃうね。でも、ホントのこと言わないと入れてあげないよ?」

「…いじわるなんですね…。はい、ホントは主人の気を引きたくて…。」

「可愛い子は意地悪したくなるって言うでしょ?(笑)じゃあ、このまま入れるね。」
 

旦那さん専用だったはずのマンコと下着を両方一辺に楽しませて貰っちゃいました(笑)

下着をつけたままズラし挿入

こういう時の背徳感って半端ないですね。

彼女も同じように(むしろそれ以上に)感じているようで。
喘ぎ声に混じって「ゴメンなさい」と言っていました。

ですが、セックスを中断する気も全く無く、足を腰に絡ませて来るほど。

明らかにビンビンになった乳首が最高にエロくてたまりませんでした♪

セックスレス主婦

短い時間でしたが濃厚なセックスを楽しんで、日暮れ前にイオンに戻り解散。
これから夕ご飯の材料を買って帰るような事を言っていました。

不倫セックスを楽しんだ後に、旦那さんと子供の料理を作るって…
想像するだけでチンコがまた元気になっちゃいます(笑)

夕日

 

泥沼にはまらないように…。既婚者同士の火遊びは距離感が大事

セックスの相性も良かったし、お互いに既婚者だったということもありセフレ関係としては最高です。

唯一残念なのが、住んでいるところがちょっと遠い事。
それに加えて、土日は動けないという理由で、月1回のデートが限界な事。

時々、東京方面に出てくる事があるので、その時はなるべく会えるように頑張ってはいますが。

毎回となると、時間的にちょっと厳しいのが本音です。

主婦とセフレ関係になれて最高です

考えようによっては、その方がお互いに負担もなく周囲にバレるリスクも少ないので、良かったのかもしれませんが。

久しぶりに長続きしそうな人妻セフレと出会えて、最高の気分です。

あとは深みにハマり過ぎないように気をつけます(笑)

欲求不満な人妻セフレ→ワクワクメール