20代の若妻をセフレにする方法!20代人妻だからこそのメリットも。

エッチな若妻セフレ

エッチの相手として熟女人気が高まっていますが、「若い子の方が良い」という方も当然多いです。

でも、若い女の子をセフレにすると、恋愛関係を求められたりと、面倒なことになるケースが結構あるんですよね。

そこで人気なのが、若い既婚女性(いわゆる若妻)です。

若妻であれば、彼氏彼女の関係を求められることはありません。
まして、結婚を迫られることもないので安心です。

「若妻をセフレにしたい!」

そんなあなたのために、若妻の落とし方や求められるセックスの内容・セフレへの発展方法をお伝えします。

結婚年齢が上がっている今、若妻の存在自体がレア。
見つけたら絶対に逃がさないよう、こちらの記事を実践してください!

若妻ってホントにセフレにできる?

若妻セフレに

女性の社会進出などがキッカケとなり、男女ともに初婚年齢はどんどん上がっています。

そんな中、若いうちに結婚するほど旦那さんが好きなのに、他の男性と不倫エッチをする若妻なんていなさそうですが…

コンドームで有名な相模ゴム工業株式会社が、2013年にセックスに関する調査を行っています。

この調査では、20代女性の47.2%が既婚であると回答。
それによると、

既婚者の55.2%、交際中では29%が「セックスレスだと思う」と回答。特に40~50代男性の6割の方がセックスレスだと思っています。
 
引用:相模ゴム工業株式会社「ニッポンのセックス」

そして、既婚・交際中の女性のうち浮気相手がいると回答したのは、16.3%。

その浮気相手とエッチするのは、月に約2.8回。
一方パートナーとのエッチは月に約2.4回だそうです。

浮気エッチ回数

参考:相模ゴム工業株式会社「ニッポンのセックス」

おおざっぱな計算ではありますが、20代人妻の約3割がセックスレスで、16%はセフレがいるということになります。

20代人妻が100人いたら、16~17人はセフレ持ちってことです。

20代と言っても前半か後半かで大きな違いがありますが、若妻と呼ばれる20代前半の方がセフレにしやすいです。

なぜなら、まだまだ遊びたい盛りだから。

デキ婚や勢いで結婚したものの、周りが合コンや新しい恋愛を楽しんでいる姿を見ると、「もっと遊べばよかった…」って気持ちになるんですよね。

20代半ばくらいから女性の性欲って一度落ち着いてしまうんですが(30代後半からまた高まります)、20代前半ならまだまだ性欲も旺盛。

家庭に収まれない遊びたい気持ちを、外の男性とのエッチという形で発散しようとする女性は、意外なほどいるってことです。

若いうちに結婚すると最初のうちは周りへの優越感がありますが、だんだん自由に遊べる未婚の友人がうらやましくなってきます。
 
特に専業主婦の若妻は、遊びたい気持ちが抑えきれず、不倫エッチに走る傾向が強いです。

 

若妻を落とすポイント!20代人妻は「スリル感」「安心感」に弱い

若妻を落とすポイント

相手が30~40代の人妻であれば、「長く女性として扱われていない」ことに注目して落とすのが鉄板。

ですが今回の相手は、まだまだ若い若妻です。
仮にセックスレスだとしても、女性として扱われていないということはありません。

若い人妻が一番不満に思っていること。
それは「毎日がつまらない。暇」ということ。

要は、刺激不足なんです。

体力的にも精神的にも若くて元気いっぱいなのに、ずっと家にいるとエネルギーが余ってしまいます。

その刺激不足に対する不満や、持て余しているエネルギーを、うまく不倫のスリルで埋めてあげるのがポイントです。

「まだ若くてキレイなんだから、少し遊んでもいいんじゃないかな。」
「ちょっとくらい遊んだほうが、生活にハリが出るよ!」

こんな誘い方でOK。

ただし、「バレたら夫に捨てられるかも…」という不安や罪悪感は当然あります。
ですので、適度に安心感も与えてあげます。

「引っ越しちゃったけど、前に会ってた人も結婚2年目だったんだよね。」
「自分の友達にも新婚でセフレいる人いるよ、セックスレスの人って多いらしいね。」

 
人妻に「みんなやってるなら自分も大丈夫かな」と思わせるのがコツです。

年齢問わず人妻をセフレにする方法は、「人妻セフレの作り方」で詳しく紹介しています。

20代若妻とのセックスは、特殊プレイOK

若妻とのセックス

「あなた自身が、パートナーとセックスレス」
「そもそもセックスする相手がいない」

などなど。

あなたが普通にエッチができれば良いという場合、若妻を狙うのは向いていません。

セックスレスといっても若い夫婦は、数年エッチしてないとかではなく頻度が少ないだけ。
もしくは夫のエッチの内容に不満があるかです。

それなのに、セフレ(この場合、あなた)とのエッチがごく普通だとしたら、わざわざリスクを冒してまで、あなたと会ってエッチする意味がないですよね?

つまり、特殊なプレイがOKというより、普通すぎるエッチはNGですぐ飽きられる。

これを覚えておいてください。

アブノーマルエッチはさすがに相手を選ぶので、最初はおもちゃを使ったりコスプレをして盛り上げるのがオススメ。

結婚すると、わざわざお金を出してラブホに行くことはなくなるので、ちょっと良い設備のあるラブホを取ってあげると喜ばれますよ。

「〇〇に露天風呂があるホテルがあるんだけど、一緒に行かない?
もちろんホテル代は出すよ。」

これだけでも、即答で会ってくれる人妻がいるくらい。

「この人と会うと楽しいことがある!」

女性に、これをどれだけ思わせるかが肝心です。

私自身、主婦になってから最初にできたセフレは年上でした。
気前よくラブホの良い部屋を取ってくれたので、いつも会うのが楽しみでした。

若妻をセフレ化する方法・テクニック

若妻をセフレ化

出会い系で若妻を見つけられたら、エッチまではそれほど難しくないです。

「どうして出会い系をやっているのか?」
「どんな不満があるのか?」

これらを聞いてあげて、共感してあげる。

そして、

「じゃあ、気晴らしに遊ぼうよ、楽しもうよ」

こう誘えば、意外にすぐに会えます。

肝心なのは、その後継続して会うこと。

「なんか毎日つまらないな、旦那もあんまりエッチしてくれないし…」

そう思っている若妻が、不倫エッチの楽しさに目覚めるとどうなると思いますか?
大抵の場合、すぐに次の相手を探し始めます(笑)

なので、早めに2回目の約束を取り付けないと、ほかの人に取られてしまうことになります。

できれば、初回会って別れるときに「次はいつごろ会える?」と聞いておきたいですね。

次のエッチへの期待を高めておくのも良い方法。
例えば、

「ナース服すごい似合ってたね、今度はセーラー服とかも着て欲しいな」
「今度会う時には岩盤浴のあるホテルはどう?」

など。

若妻は刺激を求めている上、同じことばかりだとすぐに飽きてしまいます。

セフレ関係を維持するため「いつも楽しめる存在」を意識すると、若妻とのエッチを長く楽しめますよ。

若妻が求めているのは「刺激的で楽しめる相手」。
若妻という存在自体レアなので、セフレにできたらしっかり楽しませてあげることが大切です。

まとめ

まだまだエネルギー溢れる若妻は、性欲も旺盛。

最近は草食系男子も多いので、セックスレスで欲求不満になる20代の人妻は増えています。

特に専業主婦の若妻ほど、遊び足りなさを感じているもの。
日常を忘れることができる刺激的な出会い・セックスを求めています。

若妻をセフレ化するなら、「どれだけ楽しく素敵な時間を提供できるか」がポイントです。

大人の男性の魅力をアピールすれば、遊びたい盛りの若妻は必ずついてきますよ。

若妻と会える出会い系サイトの人妻を参考に、誘い出してあげましょう。