大宮の割り切り人妻セフレだが…旦那にバレそうになり危機に!

大宮で作れた人妻セフレだが…旦那にバレそうになり危機に!

 
パソコンやスマホはずっと不得手でしたが、最近になってかなり使いこなせるようになってきたヨッシーです。
 
インターネットの普及にもエロの影響が強い
 
…なんて話もありますが、案外嘘じゃないかもしれません(笑)
 

出会い系遊びにスマホは必須…だけど、諸刃の剣!

「いや〜、出会い系で遊んでるの彼女にバレて振られちゃいました…。」
 
「お前がそういうミスするの珍しいな。どうしてバレたの?」
 
「LINEの履歴見られちゃって。先輩もメールとか気をつけた方がいいですよ。」
 
 
出会い系遊びに詳しい後輩ですが、それでもミスはあるようです。
 
浮気も出会い系遊びも、周囲にバレる時のきっかけの一番は「スマホの履歴」。
 
メールやLINEの履歴なんて証拠の塊だし、サイトにアクセスしている履歴も見られたらアウト。
 
私も用心して毎回消すようにしていますが…
 
送られてきたメッセージを、私が見る前に誰かに見られてしまう可能性だってあります。
 
確かにパソコンやスマホの普及で、普通に暮らしていたら出会える機会がなかった人と、気軽に大人の遊びをできるようになりました。
 
しかし反面、証拠も残りやすくなったと言えます。
 
遊んでいることがバレるとマズイのは女性も同じ。
既婚者なら尚更です。
 
そこで狙い目になるのが遊びたい主婦層。
 
黙っていてくれるし向こうも生活を壊す気は無いので、セフレにするなら一番良いタイプ。
 
もちろん、タイミングが合えば独身の若い子と遊ぶこともあります。
 
でも自分も既婚者なのでメインターゲットはやはり主婦になりますね。
 

フリーライターの既婚者と大宮で約束

いつものように仕事の空き時間にPCMAXを眺めていると、気になる書き込みを発見。
 

PCMAXで面白そうな人妻の投稿を発見

 
「男女の出会いに詳しい人、お話をきかせて欲しいです」
 
という内容。
プロフィールを見ると…
 

  • 42歳の大宮在住で、既婚者。
  • 仕事はフリーランスのライター&ブロガー
  • 自由業なので時間は合わせられるけど、家の都合で大宮待ち合わせ希望。

 
大宮には取引先もあるし、出先の楽しみで話をしながら食事でも行けたら面白いかな…と、軽い気持ちでメッセージを送りました。
 
翌朝には返事があり、メアドを交換。
 
普通のメル友っぽい感じでスタートしましたが、話は徐々に確信に近づいてきます。
 
インタビュー希望…みたいな事は書いてありましたが、案の定イケナイ遊びに興味はある様子。
 
最初は「喫茶店で食事でもしながら話を…」という話でしたが。
 
最終的には「人目も気になるし現地調査も兼ねてラブホ」に会場変更。
 
なんか言い訳みたいなセリフが目立つ印象はありましたが…
 
女性は自分に言い訳が出来てしまえば案外簡単にセックスに持ち込めるものです。
 
上手い言い訳を考えてあげるのも腕の見せ所かもしれません(笑)
 
運良く有休消化のため平日の昼間が半休になる日があり、そのタイミングで待ち合わせ。
 
時間と場所は14時に大宮駅東口のミニストップ前です。
 
一番街(商店街入り口)の看板を目印にすればわかりやすいから…と指定されました。
 

出会い系で知り合って何もしないわけがない

約束の時間前に大宮駅に到着。
メールを送ると返信があり。
 
「すぐ近くにいますので、これから向かいます。赤いワンピースに黒のジャケットです。」
 
待ち合わせ場所に行くと、目印の服装の女性がいたので声をかけます。
 
 
「こんにちは、××さんですか?」
 
「はじめまして。サイトの方ですよね?今日はよろしくお願いします」
 
 
そのまま徒歩で一番街を抜けて「ホテルカラット」へ。
部屋に入ると、まずは取材…って事で色々話を聞かれました。
 

  • 出会い系を始めたきっかけは?
  • 今まで何人と会った?そのうち大人の関係を持ったのは何人?
  • 実際に会う場所や時間帯は?

 
などなど、これらの話を元に女性向けWEBマガジンの記事を作成するそうです。
 
当然、彼女自身も既婚者。
今日の事は「仕事の取材」としか家族に伝えていません。
 
当然ラブホに入っている事は旦那さんには内緒。
 
仕事の話をしているはずですが、彼女自身も初対面の男性とラブホにいる背徳感を楽しんでいる様子です。
 
話が盛り上がってくればだんだん距離感は縮まり、お互いにボディータッチをするようになります。
 
ここまでくればキスしてベッドインも自然な流れ。
 
大人同士の暗黙の了解です(笑)
 

大宮のラブホで下着姿になる人妻

 
服がシワになるとマズイ…と言って、早々に下着姿に。
熟女の魅力の一つが、若い子にはない落ち着いた大人の色気と言えるでしょう。
 
彼女も派手ではないけど落ち着いた高級感のある下着でした。
 
すぐに脱がすのも勿体無く感じたので、そのままの状態で押し倒します。
 
下手な全裸姿より、色っぽい下着姿の女性がフェラをする姿の方が妙にエロスを感じるのは私だけでしょうか?(笑)
 
お礼にショーツをずらして下着姿のままクンニ。
 
愛液なのかよだれなのかわからなくなってしまいましたが、ショーツには大きなシミができてしまいました(笑)
 
この日はなんとなく彼女を全裸にせず、そのままバックで挿入。
 
嫁とのセックスはワンパターンになりがちなので、こんな風なセックスもいいかな?と思い、その後も休憩時間一杯楽しみました。
 

人妻のセックスは思いのほか大胆

 

メールやLINE以外の連絡手段

その日を境に、頻繁にデートに誘われるようになりました。
 
割り切ったセフレ…と呼ぶには懐かれている感じが強く、距離感が難しい感じです。
 
元々、文章を書いている仕事をしている人なのでメール交換自体は面白いのですが、いかんせん証拠になります。
 
正直、証拠隠滅のためとはいえ、消すのもちょっと勿体無いと感じますが…
 
別の隠しフォルダにコピペして保存しておくのも限界があります。
 
何かいい方法は無いかな…と思いながら、いつものように彼女とホテルデートしていると
 
「2人だけの専用アカウント作ってデータ共有する?」
 
と、思いもよらない提案。
詳しく聞くと、
 

  1. ビジネス用のクラウドサービスを利用して、データ共有ファイルを作る。
  2. 当然、2人専用のアカウント。パスワードがわからない人には見られない。
  3. 万一見られても、開いている画面がwordなら「仕事」と誤魔化せる

 
…という内容。
なかなかの策士です(笑)
 
どうやら、彼女の方も旦那さんに怪しまれているらしく、寝ている間に勝手にスマホをいじられたようでした。
 
やりとりを消したく無いけど、証拠隠滅のため…というのは彼女も同じ考えだったようで。
 
何か方法はないかな?と考えていたら思いついたそうです。
 
善は急げという事で、その場で早速アカウントを登録。
 
パッと見た感じは何気ないwordファイルですが、パスワード付きの秘密の伝言板ができた感じです。
 
子供の頃から秘密基地とかが大好きだった私は、それだけで何か嬉しくなってしまいアッチの方もテンションMAX(笑)
 
その日はバックと正常位で2回ずつ。
合計4回も頑張ってしまいました。
 
…年齢は感じるもので翌日はちょっとだるかったですが…(苦笑)
 

ツールは使いこなしたもの勝ち!

秘密の伝言板ができてから、スマホをいじる時間も自然と減りました。
 
一時は妻も何か感じるものがあったらしく。
 
寝ている時に勝手にスマホをチェックしていた事もありましたが、最近は全くありません。
 
後から気がついた事ですが、浮気がバレるきっかけって、実はスマホをいじってる時間や態度みたいです。
 
その上に、調べて見たらやっぱり…というパターン。
 
私の場合は、メールやサイトの閲覧履歴は消していたので証拠はありませんでしたが、疑わしい態度は出ていたようです。
 
危機一髪でした。
 
食事も終わり「仕事のメールチェックだけしてくる」と、書斎に戻りパソコンを開くと、共有ファイルに新たな書き込みが。
 

人妻セフレとワードのやり取りにして大正解

 
「旦那にちょっと見られちゃったんだけど、wordファイルだったし、仕事で使う婚活サイトの体験談の資料…と言ったら上手く誤魔化せました(笑)」
 
おいおい、危機一髪じゃん!(笑)
 
彼女もスリルを楽しんでいる感が否めませんが、確かにこの方法は手軽な割にリスクが少なく便利です。
 
→人妻セフレを作るならPCMAX