元保育士の主婦はフェラ名人!秘め事セックスからセフレに

京都で出会ったフェラ名人との秘め事セックス!からのセフレに

ここ数年コンビニのコーヒーって美味しくなりましたよね~。
私もよく利用するんですが、アラフォーオヤジの私はつい喫茶店のノリで
 
「ホットコーヒー1つ」
 
って言ってしまうことがちょいちょいあるんです。
で、大概の場合、店員さんに聞き返されるんですよね。
 
「Sですか?Mですか?」
 
これに思わず照れてしまうのは私だけではないはず。
そんな時うっかり、
 
「本当はMなんですが、Sでお願いします。」
 
なんて言おうものならドン引きは免れませんよね。
でも、セフレにするならどちらかというとS寄りの攻め好きな女がラクかもしれません。
 
ということで、先日PCMAXで知り合った京都のチョイS主婦との体験談をご紹介します。
 

仕事の移動時間にPCMAXで見つけたチョイS主婦

ていうか最近、ガチで仕事が忙しいんですよ~(笑)。
なので、1日のうちに取引先を何軒もまわる日が多くて、なかなか早く直帰できるチャンスが無いんです。
これでは、
 
昼間の直帰からの人妻エッチ
という私のライフワークが滞ってしまうではありませんか!!
 
な~んて、行き場のない憤りを覚えながらも勤務する日々を過ごしていると…
ある時、急遽翌日に京都での仕事が入ることに。
 
さすがに、会社からは少し距離のある京都での仕事となると、その後は「お任せコース」ということにならざるを得ません。
ニヤリ…。
 
というわけで、久々のエロ主婦探しに胸を躍らせてPCMAXにログインする私。
 
しかし、さっきも書きましたが、その日も忙しくて残業確定…。
翌日のお相手探しに時間を割くことができず、イラッとしつつもちゃっかり移動時間にシコシコと掲示板検索する私なのでした。
 
そこで見つけたのがこんな書き込み。
 

PCMAXのエッチしたい京都の人妻書き込み

 
「こちらからどんどん攻めて私が主導権なえっちがしたい」
とのこと。
 
若干、日本語が…?ですが「フェラ好き」な私ですので思わず股間がピクピク。
しかも、最近忙しくて疲れているので、攻めるよりは攻められるくらいが楽チンそう。
 
早速プロフィールもチェックしてみることにします。
 

PCMAXの人妻のフェラ好きアピールプロフ

 
ここにも「フェラが好き」って書いてますね。
 
よほどのフェラ好きなのでしょうか。
しかも、やはり主導権は握りたい様子。
 

主導権を握りたい京都の人妻は少しS

 
要はちょっとS寄りの淫乱主婦ってことのようです。
てことは、こちらがマグロでもそこそこ楽しめる相手なのかも…と思いつつアプローチしてみることに。
 

ファーストコンタクトに「気になります」ボタンを活用!

でも、その日の仕事はまだ山盛り。
ファーストメッセージを熟考してるヒマなどありません。
そこで今回頼りになったのが、この「気になります」ボタン。
 

PCMAXの気になりますボタンを活用

 
これ、はっきり言って、それまでは全っ然使ったことがなかったんです。
だって、5ポイント使って「気になります」って伝えるくらいなら、具体的にやり取りをした方がいいのでは?とずっと思っていたんです。
 
でも、今回はこの「気になります」ボタンを使って正解。
何せこちらの時間的な余裕がないわけですから、「興味があるよ」っていうことだけをまず伝えて、その先は向こうに任せる、っていう作戦に出たわけです。
 
しかも相手は主導権を握りたい女性。
つまり、私のプロフィールをチェックしてOKであれば、逆に向こうからグイグイ来てくれるのではないか?という期待を抱いて、ポチッ。
 
さて、その結果は…
 

PCMAXのやり取りは会えそうな内容

 

PCMAX内でそのまま待ち合わせの約束

 
「お誘い嬉しいです」
 
「是非お会いしたいですね」
 
オオーッ!
キターッ、即マン確定フラグ!!
 
あれよあれよといううちに、翌日昼過ぎに京都市内で会おうという話でまとまって驚きです。
正直、あまりエネルギーを使わずに待ち合わせが決まって、忙しい時期にかなり助かりました。
 

お相手はaiko似の元保育士の主婦

今回出会ったのは、旦那が単身赴任している間にムラつきが我慢できない様子の主婦、ありささん。
元保育士の30歳ということで、まさにヤリたい盛り。
 
ほどよく熟れたカラダを持て余しているに違いありません。
疲れ気味の私の体にむしゃぶりついてくるような淫乱主婦であることを期待しつつ、まずは本業の仕事を片付けに京都入りです。
 

京都の五重の塔を見ながら移動です

 
京都と言えばお約束の東寺の五重塔を見つつ、取引先に向かいます。
しかし、朝の京都は気持ちいいですね~。
 
心が洗われるような気分になります。
でも、性欲という煩悩はこれまた手強いもので、とっとと仕事を終わらせたい気持ちが募るばかり(笑)。
 
そんなヤル気もあいまって、仕事を順調に終え、いよいよお待ちかねのムフフタイムです!!
 
待ち合わせは祇園の八坂神社の前のローソン。
街中なので近くのコインパーキングに車をとめて徒歩で向かいます。
 

祇園の八坂神社の前のローソン

 
ココって京都風なデザインのローソンで結構有名なところらしいんです。
でも、閉店するとかしないとか…。
ま、いずれにしても、場所的にはすぐわかりました。
 
ちょっと早く着いてしまったので、コーヒーでも飲んで待つことに。
あ、そうそう、冒頭のはここで聞かれたんですw
 
「Sですか?Mですか?」
 
これから会うありささんは「優しいM男」がタイプらしいですが、コーヒーはSにしておきました。
いい天気のお昼時、コーヒーをすすってしばしのリラックスタイムを過ごします。
 
さぁ、そうこうしているうちに、待ち合わせの時間。
外国人観光客の行き交うローソン前で5分ほど待ちます。
 
あらかじめこちらの特徴(スーツ・カバンなど)を伝えていたのですが、これだけ人が多ければわからないかも!?と思い、確認のメッセージを送ろうと携帯を取り出したその時、
 
「あの、すいません、PCMAXの?」
 
結構はっきりとした口調で声をかけてくる女性。
ペールブルーのモヘアのスカートにシャツ、見た目は髪色の落ち着いたaikoという感じでしょうか。
 
「ありささん?かな。初めまして」
 
「お待たせでした~、すいません」
 
彼女、元保育士のせいか、声にハリがあるんですよね。
普通、サイトで会う女性って最初は緊張してたりするんですが、彼女はそうでもない様子。
やはり、S寄りな女性の特徴なのでしょうか。
 
「お昼とか食べました?私は食べなくて大丈夫やけど」
 
こっちの腹具合を気遣いつつも、「私は大丈夫やけど」のフレーズに、早くホテルに行きたい気持ちが見え見え(笑)。
 
「じゃ、近くのホテルはイマイチやから、ちょっと車で移動しよっか?」
 
と誘うとコクっと頷く彼女。
車で5~6分のラブホへ直行です。
 

部屋に入るやいなや…

車内ではそうでもなかったのですが、ホテルに着くと彼女のSスイッチが入ってしまったようで、チョイチョイ私の体に触れてくるありささん。
むしろ、Sというか痴女っぽい感じでしょうか。
 
部屋を選ぶときに私の尻をさすったり、エレベーター内で内腿に足を絡ませてきたりと、なかなかの盛りっぷり。
そりゃ私も半ボッキ状態になるってもんです。
 
そんなジャブを軽くいなしながらも部屋に入り、玄関口で2人分のスリッパを出してあげていると、本格的に後ろから私の尻を掴んできます。
思わず私もカバンを床に置き、その感触に身をゆだねていると…
 
「もうこっちもおっきくなってるやんね?」
 
などとスラックス越しに勃起状態を確かめ始める彼女。
私も、背後からの攻めについカラダがピクっと反応してしまうのがちょっと照れくさいところです。
 
「どうしたん?気持ちいいん?」
 
少し意地悪く尋ねてくる彼女に、
 
「う、うん…」
 
とすっかりM男状態(笑)。
お互い、そういうキャラをワザと演じているとわかっていながらも、本当にそんな気分になってくるところが不思議ですよね。
 
手を後ろに回して彼女の体を撫でるにつれ、その吐息が荒くなっていくのを感じます。
そのまま私はベルトを外され、スラックスも下ろされ、いきり立ったチンポを辛うじて包んでるボクサーブリーフ姿に…。
 
股間をサワサワされながら、私が少し膝をかがめて振り返るような姿勢でキスしてみると、何とも言えない「犯されてる」感満載。
思いのほか興奮してしまいました。
 
ちょっと我慢汁が染みだしそうになるとこまでいきましたが、さすがにそのまま続行するのはためらわれたので…
 
「ベッド行く?」
 
とそれとなく場所移動。
ジャケットやYシャツを脱いで、彼女と向き合ってあらためてベロチュー。
 
彼女の方が年下なのに、なぜか甘えたくなってしまう感覚に。
元保育士ならではの天性の母性ってやつでしょうか…。
 
でも抱き合うとカッチカチのチンポが彼女の下腹部に当たってしまうんですよね。
そんなチンポを見かねた彼女、
 
「そのままセックスしちゃう?」
 
とディープキスしながら私のパンツを脱がせてくるではありませんか。
そして、流れは即フェラ。
 
初めは様子を窺うように亀頭まわりにチロチロと舌を這わせていましたが、すぐにガボッと全咥え。
やっぱ書き込み通りのフェラ好き女でした。
 

京都のフェラ好き人妻は本当にフェラ好き

 
「すっごい元気やね~、いいオチンチン」
 
などと言いながら、ジュルジュル音を立てて舐めまわす彼女。
特に咥えてるときの舌遣いが絶妙なんですよね~。
 
裏スジを底から舐め上げられるような感触。
ついこっちも腰を浮かせて喉奥まで咥えこませてしまいます。
 
私もつい、いつものように手マンやクンニに持ち込もうとするのですが、そこはやはりどうも彼女が主導権を握りたい様子。
さんざんフェラで私の股間をべちょべちょにしておきながら、私の快感が7割くらいまで高まってきた頃、
 
「シャワー浴びよーよ」
 
え!?いま!?
 
思わず口にしてしまいそうになる私。
ま、でも、なんかその焦らし感もまた興奮です。
ていうか、完全に彼女のペースですよね。
 

ラブホでセックスと思いきやシャワータイムに

 

やはりフェラの舌遣いは3つ星レベル

お互いシャワーを浴びてベッドに戻り再スタート。
今度は全裸スタートなので少しはこちらからも攻めてみようかな、などと思っていたのですが、結局仰向けに寝かされてキスからの乳首舐め、そしてフェラという流れに。
 
一旦、半萎え状態だったチンポも、巧みなフェラであっという間に復活です。
次第に出来上がってきているペニスに彼女も満足げでした。
 
「じゃ、そろそろ入れよっかなぁ~」
 
彼女、あくまでも自分のペース!!
結構私も極まってきてましたので、入れたくて仕方ありません。
 
ピクつくチンポに小悪魔のような笑みを浮かべながらゴムをかぶせ、騎乗位で挿入。
 

人妻主導で騎乗位になり腰を振られます

 
「ぅうっ、はぁ、入ったね…」
 
いや、そりゃ入りますとも。
てか、入れたかったさ俺も。
 
などと思いながらも、肉棒にまとわりつくマン肉の虜となっていく私。
彼女は自分のペースでチンポを感じたいのか、かなりゆっくり出し入れするんですよね。
 
その様子はヌチャヌチャと音をたてて何とも卑猥な光景。
我慢ならず私が下から突き上げようとすると、
 
「まだ、待って…」
 
と制止する彼女。
こっちは精子が渋滞してるんだよ!
 
と思いつつ、図らずも繰り広げられる焦らしプレイに悶絶です…
 
そうこうしつつも、ひとしきり腰をくねらせて、快感を貪っていた彼女。
しばらくしてだいぶ感じていたので、チンポに力を入れて奥を狙ってやると絶頂に。
火照った体で私の上に崩れ落ちてきました。
 
でも、繰り返しますが、こっちは精子が渋滞中。
 
ようやくこっちのターンが回ってきたってもんです。
正常位に体位を変えて、思う存分突きまくることに。
 

正常位に体勢が移りセックスの主導権は自分に

 
彼女も十分に仕上がっていたのか、大波小波とさまざまなエクスタシーを感じていた様子。
 
なんかその様子に、これまで抑圧されていた私のSの部分が目覚めたのでしょうか。
ベッドがきしむほど激しくピストンしてしまいました。
 
最後にはお互いしがみついて、同時にイクことができたようです。
チンポをオマンコから抜いてみると、ゴムの中はあふれんばかりの精子…。
ギリセーフって感じですね(笑)
 

お互い相性の良さを実感→セフレ候補に認定!

「めっちゃ相性よかったよね!?」
 
終わった後、潤んだ瞳でつぶやく彼女。
 
「うん、肌の合うひと見つけてしまったかも」
 
私も素直にそう答えつつ、愛おしく思い、彼女を抱き寄せてキス。
しばし余韻を楽しむ2人でした。
 
お互いセックスの好みをそのまま出しあえるエッチができる相手って、セフレにはもってこいの間柄ですよね~。
これからもたまに連絡とりあって、チャンスがあったらエッチしたいねという話でその日はお別れ。
 

京都の人妻とのセックス帰りも五重塔近くを通りました

 
帰る頃には五重塔もライトアップです。
結構長時間くんずほぐれつヤってたんですね…。
 
ヤバっ、これ、京都にカラ出張を仕込んでしまいそうですわ~。
 
京都のフェラ好き主婦と会えたサイト→PCMAX