出会ったらまさかのデブスだがセックスは最高だった結果w

ブスとの出会い
「夜勤明けの看護師はヤバイ!」

コレ、出会い系サイトを使っている人達の間では定説です。

自分も看護師とセフレになった事はありますが、確かにエロい人が多いな…という印象はありました。

出会い系サイトで遊んでいる以上、一度は会ってみたいな…と思うのは当然の事でしょう。

今回は普段の出会い募集と並行して、ピンポイントで狙ってみるのもアリかな?
と思い、ハッピーメールで募集することにしました。
 

変に焦ると希望の相手と出会えない

しかし、変に焦って「自称:夜勤明けの看護師」の業者っぽい人と会っても何も面白くありません。
(そういうプロフ詐称している援デリ業者もいるみたいなので、念のため…)

「夜勤明けのエッチな看護師さんとセフレになりたいです!」

掲示板にそう書き込んでも、メールが届くとは思えません(笑)

そこで、まずは「看護師さんとの出会い」を狙って、職業を医療関係に絞ったプロフ検索からスタート。

加えて、日記を書いている人を優先的にチェックしていきます。
今回は長期戦になることを覚悟して、じっくり時間をかけることにしました。

ハピメで出会い探し

 
狙った流れはというと。

  • 1.日記にコメントをつけて、お近づきになる。同時に相手の生活パターンの下調べも。
  • 2.仲良くなった頃合いを見てメッセージを送り、直メに移行する。
  • 3.メル友から始めて、デートのお誘いをする。もちろん、その後はラブホへ。

…って書けば簡単な内容ですが、実際にやってみると結構面倒臭いのも本音です(笑)

自分の場合、既に出会い系サイトで知り合ったセフレがいるので気持ち的には余裕がありました。

しかし、いきなりこの方法で看護師さんをピンポイントで狙うと時間がかかる分、精神的にキツイかも知れません。

プロフ検索から、いい感じの看護師さんを見つけるところまでは2~3日あれば十分ですが…
仲良くなるまでには時間がかかるので、仕方がありません。

実際、仲良くなった頃合いを見てメッセージを送っても返信があれば良い方で、直メを聞き出せたのは10人中2人。(確率1/5)

さらにデートのお誘いを快諾してくれたのは、1人だけ(確率1/10)。
プロフチェックからスタートして、この時点で丸1ヶ月経っていました。

それでも、デートの約束ができれば結果オーライ。

諦めずに地道に努力をすることが成功への近道…というのは仕事もハピメも一緒だと思います(笑)

今回、デートの約束ができた人はこんな感じ。

ハピメの女性プロフ
ハピメでセックスできそうな女性

 
明るく楽しく不健全…ってのがいいですね(笑)

さらにそこから1週間ほどメールのやり取りを継続。
やっとデートの待ち合わせができたのは、その2週間後です。

ハピメでメッセージのやり取り
「今週はシフト変更があってバタバタしているので…。来週でも大丈夫ですか?」

作戦開始から約2ヶ月経って、やっと結果が出ました!(長かった…)
 

出会えても好みのタイプとは限らない(苦笑)

とは言え、これも看護師さん狙いだとある程度は仕方がないこと。

特に夜勤が絡んでくるシフトの場合、1ヶ月単位で先の予定が決まっているのが当たり前の業界。
そのため突発的な出会い希望でない場合、即日即ハメ…とはいきません。

現実的には、1ヶ月単位でお互いの予定を合わせながらデートの日時を決める方がベター。

その方が一般の看護師さん(素人=タダマン)と出会える確率が上がるので、その辺も視野に入れてじっくり待つのも得策です。
(何より、素人の方が本気でエロい人が多いので、焦って援デリに捕まる方が大損かと笑)

今回は、典型的な「本気でエロい素人の看護師さん」と出会える流れ。

しかも、夜勤シフトがある事はチェック済みなので期待が膨らむのも当然です!

そして、迎えた初デートの当日。

ファーストコンタクトは夜勤明け…とはいきませんでしたが、仕事終わりに食事デートをすることになり。
これはこれで良いかな?と考えながら待ち合わせ場所の新宿へ。

夜の新宿を走る車

 
到着してメールを送ると、すぐに返信あり。

「後5分ぐらいで着きます」

一緒に目印になる服装も書いてあったため、人の流れを眺めながら目的のエロい看護師さんを探します。

すると、メールに書いてあった服装の女性がニコニコしながら近づいてきますが…

まさかのデブスBBA…orz

うん、まぁね…。
エロくて美人な熟女の看護師さんとの出会いって、体験談で聞く事はあっても実際には滅多にないよね…。

とは言え相手もすっかり乗り気で、自分の姿を確認すると超・親しげに声をかけてきます。
 

「お待たせしてすみません。ヨッシーさんですよね?私、○○です!」
「…あ、いえいえ、お仕事お疲れ様です。えっと、じゃあ、どうしましょうか?」
「お腹も空いてるので、まずはご飯行きましょう!今日はゆっくりしたいですね!」
「…そ、そうですね。せっかくの機会ですからね…」

 
う〜ん、断りづらい(汗)
これが条件付き割り切りだったり、態度の悪い援デリ系だったら悪・即・斬!なんですが。

2ヶ月近く仕込んでいた事も、もったいないと感じる理由の一つでもあり。
なんせこの看護師さん自体、人が良さそうで…。

「タイプじゃない…(心の声)」

自分に対して好意的な人に向かってそんなセリフを吐けるほど、強い精神は持ち合わせておらず…。
結局、そのまま近くの居酒屋へ。

ブスと焼き鳥屋

 

ブスだけど性格の良い看護師

 
話をしてみれば普通に良い人だったので、会話も酒も適度に進み…。
気がつけばいつもの流れで、ラブホに向かって手を繋いで歩いていました(笑)

ブスとラブホに

 

女は脱がせて見ないとわからない!(いや、ホントに)

見た目に関しては、どこにでもいそうな小柄なおばさんといった感じの彼女。
出会い系にいそうなタイプではありません。

それでも、ラブホに到着すると目つきが一気に豹変し、エロ全開モードに。

やはり「看護師は大抵エロい」という事は間違いなさそうです。

とは言え、服を脱がせるとたるんだお腹が目立つのも事実…(失礼w)

ブス看護師の下着姿

 
このまま何も無しで帰るのも勿体ないけど、終電に間に合わないとタクシー代も勿体ない。
やることはやって早めに帰るか…と思っていると…。

やべぇ…、この人、超絶フェラが上手い!

舌先が別の生き物か?と思うぐらい巧みな動きをしていて、ノーハンドで咥えさせているはずなのに手でシゴかれているかと思うほど。

ブスのフェラ

 
油断しているとうっかり出してしまいそうになり、慌てて腰を引いて体制を整え直します。

その様子が面白かったのか、エロい薄ら笑みを浮かべながら一言。

「いっぱい気持ちよくしてあげるね♪」

このシーンだけ切り取ったら、ホラー映画の世界にいると錯覚してしまいそうです(失礼w)
が、セックスに関しては文句の付け所はなく。

本気の上に仕事柄の性格もあってか、相手に尽くすことに対して抵抗がないようです。

そのため、終始「至れり尽くせり」のセックスを堪能することに。

特に、騎乗位で挿れた時の腰の振り方は最高でしたね♪

ブス看護師のおっぱい

 
結局そのまま2本抜かれて、締めのお掃除フェラで最後の一滴まで搾り取られました。

ブス看護師とセックス

 
…気がついたら終電時間に間に合わなかったので、そのまま始発の時間を待つために宿泊コースに変更することになりました(笑)

セックスは気持ちよかったけど…
正直、好みのタイプとは違うので、次の看護師セフレが見つかるまでの繋ぎ…と思っていたんですが。

なんだかんだで、不定期で会うセフレの一人になってしまいました。
 

念願の「夜勤明けの看護師さん」とのセックスのみデート!

決定打になったのは、ある日の金曜に来たこのメール。

ブスセフレと約束
「明日が急に夜勤になっちゃったんだけど、今月のシフト見ると明後日しか会える時間なさそうなんだよね。
夜勤明けでちょっと疲れているかも…だけど、もし良かったら会いたいです」

このメールの意味は…

夜勤明けの看護師とセックスしませんか?というお誘い!

実際、普通のサラリーマンをやっている自分としては夜勤明け=午前中に時間が取れるのは日曜日ぐらいなもの。

これは千載一遇のチャンスであることに間違いはなく、好奇心に勝てずに会ってしまいました(笑)

待ち合わせをすると、そのままラブホへ直行。

結果、夜勤明けの看護師さんのエロさは噂以上でした。

2ヶ月近いメールのやり取りに加え、数度目のセックス。
ある程度の信頼関係も築かれていたのでしょう。

条件付き割り切りや若いセフレでは味わえない圧倒的な迫力に翻弄され、完全に骨抜き状態に。

こうなると、好みでなかったはずのデブスBBAでも可愛く見えてくるから不思議です(笑)

彼女自身も仕事が忙しく、プライベートでも諸事情があるようで。
セフレ以上の話にならないのも高ポイント。

もうしばらくは、この超絶テクと夜勤明けの圧倒的な迫力を堪能したいと思います。

…美人な看護師セフレが見つかるまではね(笑)

夜勤明けのエロブス看護師と出会った→ハッピーメール