東北出張でのアバンチュールはご当地オマンコつまみ食いin青森

東北出張でのアバンチュールはご当地オマンコつまみ食いin青森

東北は美人の名産地、なんて世間ではよく言われていますが。
 
私はっきり言ってそんなこと全然信じてなかったんです。
 
だって、地元関西にだってカワイイ子はたくさんいますし。
 
中国地方や九州・四国にも見てるだけで股間がうずくような子がワンサカ。
 
別に色白だから美人っていうわけじゃないんだぜ、と以前から強く主張しつづけてきた私ですが、出張先で出会った青森の人妻のオマンコを味わってみると…
 
たんげ、めぇ!
(津軽弁で「すんげ~美味い」)
 
雪国の色白人妻の秘められたエロさに魅せられてしまった私。
 
そんな青森でのご当地オマンコつまみ食い。
 

結局頼りになるのが出会い系

うちの会社で取り扱う資材の工場視察という目的で決まった青森出張。
 
いや、もちろんわかりますよ、そこに工場があるから行くってのは。
 
でも、なぜ関西から青森の業者に発注…
 
もしかしたらいろんな大人の事情があるのかもしれませんが、そんなことは気にせずにせっかくの出張を楽しみたい私。
 
おのずと下調べにも熱がこもります。
 
そもそも、まず青森って行ったことないんでワクワクしますよね~。
 
もちろん、出張の醍醐味とも言える夜の遊びもぜひ楽しんでおきたい…というのが正直なところ。
 
知らない地なので、手っ取り早く風俗でもと思いネットで調べてみたのですが…
 
これがなんと青森って国内随一の風俗不毛地帯らしいんです。
 
不毛はパイパンだけにしてください!
 
絶対に「性感連絡船」とか「よし、イクぞ~!」といったような店があるとばかり思い込んでいたので、かなりガッカリです。
 
デリヘルは結構あるようなのですが、デリヘルを呼ぶくらいなら出会い系で素人としっぽりまったりヤリたい私。
 
てことで、ワクワクメールで事前に現地の女の子をリサーチ。
 
やはり地方というだけあってか若干数は少なめですが。
 
ちゃ~んとチンポを欲しがっている女性っているもんなんですね~。
 

ワクメで会えそうな青森の人妻を発見

 
シンプルな書き込みの彼女は受付メール数がまだ0件だったので、これは狙い目と思い早速アプローチ。
 
掲示板の内容からすると「すぐ会いたい」ということだったようです。
 
しかし後日会いたいということを伝えると、都合を合わせてくれた人妻の「ひまりさん」。
 

青森の人妻とのやり取りをワクメで重ねます

 
初めは掲示板の語り口から、口数の少ないぶっきらぼうな感じの女性かも?と思ったのですが…
 
やり取りしていくうちに情に厚いような雰囲気をにじませる彼女。
 
きっと出張の疲れも癒されるに違いない、と期待が高まります。
 
これが雪国の女かぁ~などと、まだ会いもしていない人妻に夢を馳せつつ出張の日を迎えました。
 

いよいよ青森の地へ

大阪から飛行機で2時間ほど。
青森の地に降り立った私は、空港から市内へのバスを待ちます。
 
私の後ろに並ぶ東洋人の若者のグループが聞き慣れない言葉を話すのを聞いて、青森にも中国や韓国から観光客が来るんだなぁ~なんて思っていると。
 
ふと目に入ったのが、彼らの持っていたバッグに書かれていた文字。
 
青森○○高校!!
 
こ、これぞネイティブのズーズー弁。
 
これからの仕事を無事遂行できるのか、少し不安になるほどの異国感に包まれながら目的地を目指します。
 

新青森駅で驚きのネイティブズーズー弁

 
出張先は新青森駅の近くの工場。
ここでは、仕事的にもコミュニケーション的にも何ら問題なく無事終了です。
 
というか、どっちかというと「訪問した」ということ自体に意味があるって感じですね。
 
ま、よくあることではありますが…
 
順調に仕事が終わったので、14時半頃には宿泊先の青森駅前に向けて移動。
 
行くまで知らなかったのですが、新青森駅と青森駅ってちょっと離れてるんですね。
 
今日の宿は駅前のとあるビジネスホテル。
早々にチェックインしてお待ちかねのフリータイムです。
 
これなら日帰りできたのかも!?などという反省はかなぐり捨てて。
 
北国の人妻との約束の時間まで周囲を散策します。
 

いつもと勝手が違うビジホでの待ち合わせ

ここで今回、一つ重要なミッションがあることに気付く私。
 
いや、今回の彼女と会う場所なんですが、ラブホではなく宿泊先のホテルなんです。
 
と言うのも彼女、身バレの関係で市街地にある2軒ほどのラブホには入りづらいらしく。
 
また、郊外のラブホまでの移動手段がないので、私の部屋に来たいとのこと。
 
それはそれで、なんかAPA不倫みたいで楽しいのですが…
 
問題はゴム。
 
そう言えば、中出しセフレ以外の女性とエッチする時はラブホのゴムを使ってますし、手持ちのコンドームなんてなかったんです。
 
なので、早速ゴムを求めて駅付近をウロウロ。
 

コンドームを求めて青森駅付近をウロウロ

 
駅の売店では売ってないしなぁ…
 
としばらくさまよった末、駅ビル「ラビナ」に入っているマツモトキヨシでゲット。
 
ちなみに「ラビナ」ってどことなくいやらしい響きに聞こえませんか?(あくまでも個人の感想ですがw)
 
まだ明るい時間なのに駅ビルのマツキヨでコンドームを買うスーツ姿の中年。
 
旅先でこそ可能な問題行動ですよね。
ま、何はともあれこれで準備万端。
 
時間はまだ16時過ぎだったので、駅すぐのところにあるねぶた祭りの資料館のようなところに行ってみました。
 

ねぶた祭りの資料館には迫力ある山車が

 
これがまたなかなかの迫力で予想外に感動(笑)
 
かなりアツいものが伝わってくる展示で、この地方の人々の内に秘めた情熱というか情念がヒシヒシと伝わる内容。
 
私、結構好きかもです。
 
胸にこみ上げる熱いものを感じつつ、ぼちぼち私の股間も熱いものがこみ上げてくる頃に…。
 
一旦、ホテルに戻ってシャワーを浴び、約束の18時に青森駅の東口の改札に向かいます。
 
大都会のラッシュアワーとは一味違い、帰宅の時間帯なのにさほど混雑もない様子。
 
これでは確かに身バレを警戒するのもわかります。
 
今回の待ち合わせの目印はお互いスーツ姿であること。
 
彼女も人妻ではあるのですが、仕事でスーツを着ることも多いらしいので、ちょうど良いカモフラージュになるようです。
 
そして約束の時間を少し過ぎて現れたのは…
 
落ち着いたベージュのスーツを身にまとった30代半ばの色白女性。
 
「初めまして、ひまりさんですか?」
 
念のため尋ねてみると軽く頷き、
 
「部屋入ってからね」
 
と誰からも聞かれないようなトーンで返す彼女。
 
私も彼女ができるだけ目立たずについてこれるよう、ビジネスライクな面持ちで歩きます。
 
この調子でホテルのロビーを通過し、エレベーターに乗り込んで初めて彼女の表情がほぐれます。
 
「出張お疲れさま~」
 
初っ端のひと言に、いきなり心を鷲掴みにされた気分。
 
「青森っていいとこやね」
 
「そぉ?なぁんにもないよ~」
 
などと言葉を交わしながら部屋へ入ります。
 
「今日は来てくれてありがとう」
 
あらためて面と向かって彼女に言うと、そのままハグの状態に。
 
「2日間、長かった~」
 
と、頭を私の胸に寄せる彼女。
 
これ、ホンマ、不倫テイストやなぁ…
 
なんて内心で思いながら強く彼女を抱きしめ、流れでキスしてしまいます。
 
こうなればもうノンストップ。
 
あっという間に二人は快楽の淵へと堕ちていくのでした。
 

ビジホセックスだけに押し殺した声がエロい

彼女のスーツのインナーは黒。
白い肌とのコントラストがいやらしいにもほどがあります。
 
そしてそれを剥ぎ取るとセットの白い下着。
 
しかもパンティの股間部分はすでに湿り気を帯びている様子です。
 
セミダブルのベッドに横たわり、彼女の体全体を指と舌で撫でまわす私。
 
漏れる吐息と声が高まらないように、指を咥えて耐える彼女の表情が私のチンポを視覚的に刺激します。
 
しかし次第に羞恥心も消え去り、私の前に淫らな姿をさらし始める淫乱妻。
 
手マンされるがままに、股を開けて快楽を味わう様子は、数十分前のビジュアルからは予想だにしません。
 

東北の人妻とのセックスはまるで恋人プレイ

 
これが東北女の内に秘めたるエロさなのかぁ…
 
と、無性に興奮してしまい、むしゃぶりつくように乳首を吸いまくってしまいました。
 
しばらくすると、私のガッチガチのチンポをさすり上げてきたので、彼女を仰向けに寝かせたままイラマ気味でフェラ。
 
「んぐっ、ぉごっ」と言いながらも果敢に舌を使って咥えてくれるので、思わず私も声が漏れてしまいます。
 
絶対隣の部屋に聞こえてるだろうなぁと思いつつも、もうそんなことはお構いなし。
 
我慢汁のにじむチンポにマツキヨでゲットしたゴムを付けていざ挿入。
 
最初は正常位で突いていたのですが、ベッドのマットレスが壁にあたって腰を振るたびにコンッコンッと音を立てます。
 
そこでちょっとピストンを控えめにしていると、彼女が笑みを浮かべながら…
 
「じゃ、これは?」
 
と珍しい入れ方を勧めてくれます。
 

人妻の提案したセックスはなんとも不思議な感覚

 
仰向けで足を閉じたままの挿入。
 
なんか見た目不思議な感じです。
 
しかもすごく締まるので、ピストンで楽しむというよりはじっくりとしたスローセックス向きの体位かも。
 
なにせ彼女、結構オマンコが上付きだったのでこれがしやすかったのかもですね。
 
おまけにクリトリスも一緒に刺激されているようで…
 
ズリズリっと擦れるごとに、私の背中に回した手に力が入るほど感じていた様子。
 
彼女、相当溜まっていたようで、私とやりとりした2日前からセックスを待ちわびていたようなんです。
 
なので、当然濡れ具合も相当なもの。
 
バックの体勢になってみるとお尻の割れ目を愛液が伝って滴り落ちていた様子。
 
ヌラヌラと光る尻の谷間がエロ過ぎて興奮MAXなんです。
 
本気汁でグチョグチョのオマンコの奥の奥まで突きまくってしまいました。
 

性欲のまま乱れる青森の人妻は最高です

 

ほろ苦い出張時のアバンチュールの別れ際

ラストは正常位に戻り、彼女の淫らな姿をガン見しながらのフィニッシュ。
 
化粧もすっかり落ちて素顔で快感に喘ぐ彼女でしたが、白い肌を紅潮させてビクビクッと一緒にイってくれていたようです。
 
「なかなか青森なんて来ないよね…?でも、また来た時にはセフレってことで…」
 
終わった後にベッドでそう言ってくれた彼女。
 
切なさと可愛さが入り混じったような彼女の瞳が印象的でした。
 
「たぶんまた来るからその時は声かけるよ。ひまりさんも関西に来たら教えて。」
 
私も別れ際にこう言ってはみたものの、たぶんまた来る可能性は現実的には低そうなのが辛いところ。
 
♪さ~よなら~あなた~、私は~帰ります~と、名曲「津軽海峡冬景色」の一節が頭をよぎります。
 
翌日は青森市内を観光して、夕方の飛行機で大阪へ。
 

青森の出会いはよかったな~と帰路につきます

 
エッチな津軽美人妻のことを思うと少し名残惜しくも感じましたが…
 
大阪市内上空に戻ってくるとやはりホームグラウンドは懐かしいもんですね。
 
飛行機から大阪市内東部~南西方向が目に入り、帰ってきた気持ちになります。
 
この空の下、何千何万のチンポとマンコが汁まみれになってイイことしてると思うと。
 
俺もまたセックスフレンド開拓に精を出さないとなぁなんて思ってしまいます。
 
さ、次いってみよ~!(笑)
 
人妻と会いたい!そんなときは→ワクワクメール